LabVIEWは現在、選択した項目をロードできません

更新しました Mar 12, 2024

使用製品

ハードウェア

  • CompactRIO Chassis

ソフトウェア

  • LabVIEW Real-Time Module
  • LabVIEW

ドライバ

  • NI CompactRIO
  • PXI Platform Services
  • NI-FieldPoint

問題

リアルタイムターゲットまたはビルド仕様を含むLabVIEWプロジェクトを開こうとしています。ターゲットまたはビルド仕様が表示されませんが、代わりに黄色の警告シンボルが表示され、次のダイアログ ボックスが表示されます。
現在、LabVIEWは選択した項目をロードできません。必要なモジュール、ドライバ、またはプラグインがインストールされていないか、それらのライセンスが切れています。項目またはプロジェクトの作成者に、必要なソフトウェアについて問い合わせてください。
サポートされていない項目2.PNG

解決策

これは、ライセンスの問題、ドライバの欠落、またはLabVIEWの64ビットバージョンで誤って32 ビットVIを開いてそのバージョン用の特定のモジュールがインストールされていないことが原因である可能性があります。

これに対処するには、次の提案に従ってください。

LabVIEW Real-Timeターゲットの使用

  • ターゲットに関連するドライバをインストールします(NI CompactRIO、PXIプラットフォームサービス、NI-Industrial Communications for EtherCATなど)
    • LabVIEWをインストールする前にドライバをインストールした場合、LabVIEWのADEサポートが不足している可能性があります。この場合、ドライバーを再インストールすると問題が解決します。
    • NIデバイスドライバをインストールした場合は、インストールされているドライバがLabVIEWのバージョンとモジュールに対応していることを確認してください。たとえば、NIデバイスドライバ2018年1月ではLabVIEW 2017用のドライバがインストールされており、NI Compact RIO 17.0および17.6などの一部のドライバはLabVIEW 2018では動作しません。
  • すべてのソフトウェア(LabVIEW、LabVIEW Real-Time、LabVIEW FPGA)をダウンロードし、NI License Managerでまだライセンスが付与されていることを確認してください。

ビルド仕様の使用

ビルド仕様を作成または編集しようとして Linux OS 上で LabVIEW を使用している場合、インストールされているエディションにLabVIEWアプリケーションビルダが含まれていない場合、この問題が発生する可能性があります。この問題を解決するには、2021 SP1バージョンまで LabVIEWフルまたはベースで使用するアドオンとしてインストールできるアプリケーションビルダーを使用する必要があります。

追加情報

不足しているドライバーがわからない場合は、テキストエディターで *.lvproj ファイルを開いて、正しく読み込まれていないプロジェクト項目名を探します。それを見つけたら、関連する Type="XXX" フィールドを探すことができ、どのドライバーが不足しているのかを知る手がかりが得られます。それでも確信が持てない場合は、 ProjectItem wiki でType 文字列の一部の説明を確認してください。