SystemLinkサーバに部分的に接続されているクライアントがデータを公開できない

更新しました Apr 18, 2024

使用製品

ソフトウェア

  • SystemLink Server
  • SystemLink Client

問題

  • SystemLinkサーバのシステムテーブルには、クライアントが部分的に接続済みと表示されます。クライアントはサーバーに接続できますが、データ (タグ、ファイル、結果)を公開できません。
  • SystemLinkクライアントソフトウェアには部分的に接続ステータスが表示され、何時間待っても接続済みに変わりません。

解決策

これは、クライアントが接続されており、サーバからジョブを実行できるが、サーバ側からクライアントにプッシュされた実際のHTTP(S)接続情報が不良状態であることを意味します。次の提案を試してください。
  • SystemLinkクライアントダイアログで設定されたホスト名フィールドを確認します。ベストプラクティスは、常に (完全な) 優先ホスト名を使用することです。
  • 優先ホスト名は、クライアントが到達可能/解決可能である必要があります。
    • DOSでホスト名にpingを実行すると、これを確認できます。
    • NI Webサーバ構成ダイアログに入力したのと同じホスト名を使用します。これは、リモートタブの優先ホスト名フィールドにあります。
  • サーバのNI Webサーバ構成ダイアログに表示されるWeb証明書を確認してください。これはHTTPS通信にのみ関係します。HTTPを使用している場合は、この提案をスキップしてください。
    • HTTPSタブに移動し、証明書の表示ボタンをクリックして、次のことを確認します。
      • 発行先フィールドは、クライアントシステムで使用されているのと同じホスト名です。
      • 有効期限フィールドには、証明書の有効期限が切れていないことが示されています。
  • クライアントシステムに保存されているHTTP(S)接続情報を確認します。
    • Windowsクライアントの場合、C:\ProgramData\National Instruments\Skyline\HttpConfigurations\http_master.jsonにあります。
    • Linuxリアルタイムクライアントの場合、 /etc/natinst/niskyline /HttpConfigurations/http_master.jsonにあります。
    • Uriフィールドはサーバーのアドレス/ポートと一致する必要があります。
    • ApiKeyは有効な文字列である必要があり、nullであってはなりません。
    • 次のコマンドを実行して、DOScurlコマンド(GET Webリクエストをシミュレート)を使用してHTTP(S)情報をテストします。
      • curl -i ${Uri}/niauth/v1/auth -H "Content-Type: application/json" -H x-ni-api-key:$ApiKey
        • これは有効なJSON文字列を返すか、エラーをスローします。
          • 有効なJSON文字列は、問題がクライアントの状態のレポートにあることを意味します。
            • SystemLinkがビーコンを実行して状態を更新するため、クライアントの状態は次の30分以内に修正されるはずです。
            • NI Salt-Minionサービスを再起動すると、状態が強制的に更新されます。
          • エラーは、HTTP(S)情報に問題があることを意味します。
            • 不正エラーは古いApiKeyを指しています。
            • 到達不能エラーは失敗したUriパスを示しています。
            • サーバー上でこれらの値を再生成し、新しいデータをクライアントにプッシュするには、次のようにします。
              • クライアントシステムを新しいワークスペースに移動します。
              • SystemLinkクライアントを削除/再承認します (これにより、エイリアス、ジョブ、プロパティなどのクライアント情報が失われます)。