チャンネル拡張を使用してNI-DAQmxを簡単に同期およびトリガする

更新しました Jun 25, 2019

使用製品

Software

  • LabVIEW

Driver

  • NI-DAQmx

問題

  • DAQmxのタスクを組み合わせたり、単一のタスクから複数のチャンネルを取得したいです。
     
  • NI-DAQmxを使用して複数チャンネルの信号を同時に読み書きしようとしていますが、トリガやサンプルクロックをプログラム、指定、構成することなく同期させたいのです。「チャンネル拡張」と呼ばれる方法について聞いたことがあります。
    チャンネル拡張とは何ですか?また、複数チャンネルで同時に読み書きするのにどのように役立ちますか?これは複数のデバイスで実行できますか?
     
  • 2つのチャンネルを単純に同期させるためのより簡単な方法は何ですか?
     
  • cDAQシャーシで同じタイプの複数モジュールを同期させたいです。

解決策

チャンネル拡張とは、データ集録デバイスのチャネルを他のデバイスのチャンネルを含むように拡張し、より多くのチャンネルを持つタスクを効率的に作成するプロセスのことです。チャンネル拡張を利用すると、DAQmxは自動的にDAQmxドライバレベルでトリガとクロックを経路設定し、複数のデバイスが同期するようにします。この同期は、デバイスを1つとして機能させるために必要です。チャンネル拡張は、複数のDAQmxデバイスを同期させるための最も簡単で正確な方法の1つです。
 

さらに、チャンネル拡張が使用されている場合でも、複数のDAQmx仮想チャンネルを作成インスタンスを1つのDAQmxタスクに組み合わせることができます。これにより、1つのDAQmxタスクに異なる測定タイプや複数のデバイスからのチャンネルを含めることができます。
 

チャンネルとデバイスは、コンマで区切る必要があります。以下は、LabVIEWとLabWindows/CVIでのチャンネル拡張のコードサンプルです。
 




メモ: チャンネル拡張は、DAQmxドライバの全バージョンにおいてすべてのNIデータ収集デバイスがサポートされているわけではありません。DSAデバイスのマルチデバイスタスクサポートはNI-DAQmx 8.0から、SシリーズMIOデバイスはDAQmx 8.1から、XシリーズMIOデバイスはNI-DAQmx 9.0から対応しています。

追加情報

特定の情報:

すべてのデバイス

  • SC Expressを除く、タスク内のすべてのチャンネルは、同じタイプのデバイスにおけるアナログ入力チャンネル(すべてのDSAデバイス、すべてのSシリーズデバイス、すべてのXシリーズデバイス、またはすべてのCompactDAQデバイス)である必要があります。特定のXシリーズデバイスまたは特定のDSAデバイスと組み合わせることができます。
  • チャンネル名を入力するときは、物理チャンネル文字列を指定するNI-DAQmx構文に沿って指定します。たとえば、コロンを使用してチャンネル範囲を示すことができ、カンマを使用して個々のチャンネルまたはチャンネル範囲を区切ることができます。


PXIデバイス

  • デバイスはすべて単一のシャーシ内にあり、シャーシはNI Measurement&Automation Explorer(MAX)で識別される必要があります。

PCIeデバイス
  • デバイスを接続するには、RTSIケーブルを使用する必要があります。また、MAXでケーブルを識別する必要があります。


DSAおよびSC Expressデバイス

  • PXI-447xデバイスのみからのチャンネルを含むチャンネル拡張タスクの場合、PXI-447xデバイスの1つはPXIスロット2にある必要があります。
  • PXI-4461/4462およびPXI-447xデバイスの両方からのチャンネルを含むタスクの場合、PXI-4461/4462デバイスはPXIスロット2である必要があります。
  • NI-DAQmxは、デバイス間のフィルタ遅延の違いを考慮しています。
    • NI 4461および4462デバイスには、フィルタ遅延を補正する機能がありません。
    • 他のすべてのデバイスの場合、タスクに異なるデバイスファミリのチャンネルが含まれていると、NI-DAQmxはデバイス間のフィルタ遅延差を補正します。
  • 以下の条件で、タスクには複数のDSA、SC Express、およびXシリーズデバイスからのチャンネルを含めることができます。
    • デバイスは単一シャーシ内にあり、シャーシはNI MAXで識別される必要があります。
    • 3つ以上のデバイスグループの場合、すべてのデバイスは他のすべてのデバイスと互換性がなければなりません。特定のリリースにおいてNI-DAQmxでサポートされているDSA、SC Express、およびXシリーズチャンネル拡張デバイスの組み合わせの詳細については、DSA, SC Express, and X Series Multidevice Tasks - NI-DAQmxヘルプを参照してください。 例として、以下のグループ内のデバイスは、グループ内にリストされている他のすべてのデバイスと互換性があるため、チャネル拡張することができます。
       
      • NI 4300/4353/4357、およびPXIe Xシリーズデバイス
      • NI 4330/4331、およびNI 449xデバイス
      • NI 4330/4331/4339、およびNI 4464デバイス


CompactDAQデバイス

  • すべてのアナログ入力CompactDAQモジュールと、ほとんどのアナログ出力およびデジタルI/O CompactDAQモジュールは、チャンネルを単一のDAQmxタスクにまとめることができます。
  • 単一のDAQmxタスクに関連するすべてのCompactDAQデバイスは、9469モジュールを用いたシャーシ間で同期している場合を除き、同じシャーシ内に配置する必要があります。これを行うには、DAQmx バージョン9.9以降が必要です。両方のシャーシがTSNと互換性がある場合は、他にも例外があります。TSNテクノロジの詳細については、TSN Ethernet​ベース​の​分散​型​測定​システム​の​設計を参照してください。
  • タスク内にあるすべてのチャンネルは、同じタイプでなければなりません。つまり、すべてのアナログ入力モジュール、すべてのアナログ出力モジュール、またはすべてのデジタルI/Oモジュールである必要があります。
  • タスク数は、シャーシ、使用中のモジュール、およびタスクの種類によって制限されます。詳細については、CompactDAQシャーシ第2世代で同時に実行できるタスクの数を参照してください。

この記事はお役に立ちましたか?

いいえ