MAXでNI CompactRIOやネットワークデバイスが表示されない、または見つからない

更新しました Sep 6, 2019

使用製品

Hardware

  • CompactRIO Chassis
  • PXI Controller
  • CompactDAQ Controller
  • Controller for Compact FieldPoint
  • roboRIO
  • CompactRIO Controller
  • WSN-9791

Software

  • LabVIEW Real-Time Module

Driver

  • NI R Series Multifunction RIO

Operating System

  • Windows

問題

ネットワーク経由でホストコンピュータに接続するCompactRIO(cRIO)または産業用コントローラ(IC)デバイスがあり、次のいずれかが発生しています。

 

  • Measurement&Automation Explorer(MAX)でデバイスを設定しようとしていますが、リモートシステムの下にデバイスが表示されません。
  • NI MAXでCompactRIO(cRIO)、sbRIO、myRIO、roboRIO、WSN Gateway、またはPXI Real-Time Controllerが検出されません。
  • MAXでRIOを見ることができますが、ステータス: 切断と表示され、リモートシステムの下に小さな赤い円があります。

 
  • LabVIEW Real-Timeプロジェクトで、次のエラーが発生しています:リアルタイムターゲットに接続できませんでした。

解決策

  1. ホストPCに必要なソフトウェアバージョンがインストールされていることを確認します。
    • オンラインの表またはデバイスドライバのreadmeを確認して、ご使用のデバイスに最低限サポートされているLabVIEWとドライバのバージョンがあることを確認します。
    • ホストPCからLabVIEWを使用してデバイスをプログラムする予定の場合は、デバイスドライバもインストール済みのLabVIEWバージョンと互換性がある必要があります。 詳細については、NI-RIO and LabVIEW Version Compatibilityを参照してください。
       
  2. リモートデバイスがリアルタイムオペレーティングシステムで実行されていることを確認します。デバイスがWindowsで使用されている場合、NI-MAXではリモートシステムとして検出されません。
  3. cRIOコントローラを正常に検出するには、CompactRIOシステムのセットアップガイドの手順をおこないます。
  4. デバイスを電源とコンピュータから外します。次に電源ケーブルを接続して、デバイスをイーサネットケーブルまたはUSBケーブルを使用してPCに直接接続します(該当する場合)。ネットワーク設定が正常に完了した後で、最終的なネットワーク場所(イーサネットスイッチ経由で接続されている場所など)に移動できます。
  5. NI MAX 15.0以降は、デバイスの検出に関する問題を解決するためのトラブルシューティングユーティリティが導入されています。このユーティリティは、トラブルシューティングプロセスの一部を自動化し、お使いのデバイスと設定に合わせた一連の追加手順を生成します。
    • NI MAXでリモートシステムを右クリックして、リモートシステム検出のトラブルシューティングを選択します。このユーティリティの詳細については、関連リンクを参照してください。
       
  6. 追加のトラブルシューティングについては、下記の手動のトラブルシューティング手順を参照してください。

    追加情報

    追加のトラブルシューティング手順

    以下のリストは、一般的ではありませんが、時には効果的なトラブルシューティング手順が記載されています。
     

    • デバイスのユーザマニュアルの仕様を参照して、デバイスに十分な電力が供給されていることを確認します。
    • イーサネットポートのステータスライトおよびアクティビティライトを調べて、それらが点灯/点滅しているかどうかを確認します。ライトが点灯または点滅していない場合は、新しいイーサネットケーブルに交換してみます。
    • ホストコンピュータに複数のネットワークアダプタがある場合、プライマリアダプタ以外のすべてを無効にし、コンピュータのWiFi接続を無効にします。詳細については、ホストPCのネットワークカードを複数使用してイーサネットターゲットに接続する方法およびBest Practices for Using Multiple Network Interfaces (NICs) with NI Productsを参照してください。
    • ネットワークにDHCPサーバがある場合は、ネットワーク管理者に連絡し、サブネット上で利用可能な空きDHCPアドレスがあることを確認します。
    • ネットワーク管理者に連絡して、ネットワークスイッチがポートを無効にしたり、デバイスへのトラフィックをブロックしていないことを確認します。
    • DHCPネットワークにデバイスを手動で追加する必要がある場合は、ネットワーク管理者に連絡します。
    • NI-RIOサーバの設定が、すべてのリモートシステムがRIOデバイスにアクセスできるように設定されていることを確認します。MAXを開き、ツール>>NI-RIO設定を選択し、リモートデバイスアクセスに「*」を追加します。
    • ping sweepを使用して、ホストコンピュータと同じネットワーク上にあるときにデバイスが応答するかどうかを確認します。
      • デバイスをコンピュータに接続して、リンクローカルIPアドレスを設定します(169.254.x.x形式)
      • デバイスとコンピュータが同じサブネット上にあるように、コンピュータのIPアドレスを169.254.x.xの形式と一致するように設定します。
      • ping sweepの詳細については、Wikiversity: Computer Networks/Ping/Sweepを参照してください。
         
    • RIOが問題なく他のコンピュータに接続していて、最新のドライバがインストールされている場合、コンピュータの再復元が有効な場合があります。
    • デバイスがMAXで表示され、Status: Disconnectedの場合は、NI MAXデータベースファイルをリセットする方法を参照してください。
    • NI MAXデータベースファイルをリセットする方法を参照してMAXデータベースを参照します。
    • ラップトップを使用してcRIOに接続する場合は、Wi-Fiを無効にしてみます。
    • イーサネットケーブルで接続している場合は、イーサネットルーター経由で接続してみます。これにより、IPアドレス割り当ての問題を解決できます。
    • 一部のITソフトウェアブロックIPが無効と見なされます(例:IPをリセットするとcRIO-9014が0.0.0.0を割り当てます)。次に、cRIOが有効なIPアドレスを取得できるように、DHCPサーバを提供する任意のネットワークポイントまたはデバイスを使用できます。
    • NI-RIOドライバを強制的に再インストールする方法については、動作していない、または壊れているNIソフトウェアを強制的に再インストールするを参照してください。

       

    自動リモートシステム検出のトラブルシューティング

    NI System Configuration 15.0には、デバイスの検出に関する問題を解決するためのトラブルシューティングユーティリティが導入されています。このユーティリティは、トラブルシューティングプロセスの一部を自動化し、お使いのデバイスと設定に合わせた一連の追加手順を生成します。ユーティリティを起動するには、次の手順を行います。
     

    LabVIEW 2014以前

    1. NIシステム構成の最新バージョンをインストールします。
    2. コンピュータを再起動します。
    3. MAXを起動します。
    4. リモートシステムを右クリックして、リモートシステム検出のトラブルシューティングを選択します。
    5. ユーティリティウィザードの指示に従います。


    メモ: NI System Configuration 15.0では、トラブルシューティングユーティリティは翻訳されていません。英語のみのテキストを表示し、システムロケールに関係なく、LabVIE英語版のみを検出します。詳細については、System Configuration 15.0 Known Issuesの一覧を参照してください。 これは、NI System Configuration 16.0で解決されています。

    この記事はお役に立ちましたか?

    いいえ