LabVIEWでブロックダイアグラムをロックする

更新しました Dec 24, 2018

使用製品

Software

  • LabVIEW Base
  • LabVIEW Full
  • LabVIEW Professional

問題

  • LabVIEWでVIをロックして、ブロックダイアグラムとフロントパネルを表示または編集できるのは特定の人だけにしたいです。
  • 自分のプロジェクトVIが同僚によって編集されていて、どのような変更が加えられたのか、どのように元に戻すのかを判断できないという問題を抱えています。自分だけがこのVIのバージョンを作成して編集できるようにしたいです。

解決策

LabVIEW 5.0以降では、VIをパスワードで保護することができます。これにより、ソースコードにアクセスされることなくVIを配布できます。

VIがパスワードで保護されていてパスワードがない場合、VIのロックを解除する方法はありません。セキュリティ上の理由から、ナショナルインスツルメンツはパスワードで保護されたコードのロックを解除できません。 パスワードなしで保存されたファイルのバックアップは、常に安全な場所に保管してください。

VIをパスワードで保護するには、ファイル>>VIプロパティに移動します。ドロップダウンメニューを使用して保護カテゴリを選択して、パスワード保護を選択します。パスワードを入力するよう求められます。パスワードは、次回LabVIEWを起動したときに有効になります。
 

追加情報

ソースコードにアクセスできないという完全な保証が必要な場合は、ブロックダイアグラムの削除機能の使用を検討してください。ブロックダイアグラムを再作成することはできないため、この手法を使用する前に必ずVIをバックアップしてください。ブロックダイアグラムを削除すると、LabVIEWの以前のバージョンまたはそれ以降のバージョンではVIが開けなく、将来のバージョンの編集はできず、別のオペレーティングシステムでVIを開くことはできません。

この記事はお役に立ちましたか?

いいえ