MAXのCOMポートに感嘆符が表示されてテストパネルにエラーが表示される

更新しました Jun 24, 2019

使用製品

Software

  • Measurement and Automation Explorer (MAX)

Driver

  • NI-VISA

問題

  • Measurement&Automation Explorer(MAX)のデバイスとインタフェースでCOMポートに黄色の感嘆符が表示されます。
  • 既存のCOMポートを右クリックしてVISAテストパネルを開くを選択すると、次のエラーが表示されます。
    • Unable to open session to "ASRL1::INSTR"
      Return Value: 0xBFFF0072
      Status Name: VI_ERROR_RSRC_BUSYThe resource is valid, but VISA cannot currently access it.
 
  • MAXのテストパネルで次のようなエラーメッセージが表示されます。
    • Unknown misc error
    • The resource does not support this combination of parameters

解決策

  • COMポートにアクセスしている可能性のあるプログラムをすべて終了します。可能性があるプログラムの例を以下に示します。
    • LabVIEW
    • ハイパーターミナル
    • Palm Desktop Hot Sync Manager
 
  • 問題が解決しない場合は、そのプロパティを通してCOMポートを無効にします。
     
    • Windows 7/8/10: コントロールパネルを開き、ハードウェアとサウンドのカテゴリをクリックします。次に、デバイスとプリンターカテゴリからデバイス マネージャーを選択します。ポート(COMとLPT)カテゴリを展開し、対象のCOMポートを右クリックしてデバイスを無効にするを選択します。その後、コンピュータを再起動して、COMポートのプロパティに再度アクセスしてポートを有効にします。
 
  • ハードウェアのリファレンスドキュメントを参照して、必要なドライバがすべてインストールされていることを確認します。
    • MAXの左側にあるツリーでソフトウェアカテゴリを展開して、インストールされているドライバを確認します。
 
  • ハードウェアのリファレンスドキュメントを参照して、MAXで指定したボーレート、データビット、パリティ、ストップビット、およびフロー制御が正しいことを確認します。
 
  • それでも問題が解決しない場合は、同じIPアドレスを使用しているネットワーク上に他のデバイスがないことを確認します。これを確認するには、イーサネット接続からENET-232を取り外し、IPアドレスをpingします。pingに対する応答がある場合は、IPアドレスが競合しています。
     

追加情報

ハイパーターミナル(Windows XP以前に含まれています)にアクセスできる場合は、それを使用してCOMポートとの通信を確認できます。次のテストでは、シリアルポートへの書き込みと同じポートからの読み取りを行います(ループバック設定があることを確認してください)。
 

  1. スタート>>プログラム>>アクセサリ>>通信>>ハイパーターミナルを選択します。
  2. ハイパーターミナルのアイコンをクリックします。
  3. モデムをインストールするかどうかを尋ねられたら、いいえを選択します。
  4. 定義しようとしている接続を表すアイコンを選択するように求められます。いずれかを選択して、セッションに名前を付けます。
  5. 次のポップアップメニューで、COMxに直接接続を選択します(xはテストしているCOMポートの番号です)。
  6. フロー制御設定をなしに設定します。必要に応じて、次のダイアログボックスでボーレートを上げることができます。
  7. メニューバーからファイル>>プロパティを選択し、設定タブを選択してから、ASCII設定ボタンを押します。
  8. ローカル エコーするチェックボックスにチェックを入れます。
  9. 入力を始めます。二重文字が表示されている場合(つまり、入力した文字ごとに2文字表示されている場合)、シリアルポートは正しく設定されていて動作しています。

この記事はお役に立ちましたか?

いいえ