PCで使用するLabVIEW開発バージョンを変更する

更新しました Jan 3, 2023

使用製品

ソフトウェア

  • LabVIEW
  • License Manager

問題

  • コンピュータで複数のLabVIEWエディションを使用しています。同じバージョン、異なるエディション(LabVIEW 開発システム(Full Development System)2020およびLabVIEWプロフェッショナル開発システム(Professional Development System)2020)です。
  • LabVIEWを実行すると、実行可能ファイルはアクティブ化されている常により上位の(Professional)エディションで開きます。
  • 別のエディションでコードを実行するにはどうすればよいですか?

解決策

NI License Managerは、同じコンピュータにインストールされているさまざまなエディションを認識するときに、アクティブ化されているNIソフトウェアのより上位のエディションを優先して実行します。
この場合、特定のエディションを実行する場合は、使用したくないエディションを「アクティブ化解除」する必要があります。

たとえば、LabVIEW 開発システム2020とLabVIEWプロフェッショナル開発システム2020がコンピュータにインストールされていて、開発システムにアクセスしたい場合は、NILicenseManagerを開いて下記手順を実行します。
  • シングルシートライセンスの場合は、[ローカルライセンス]タブでLabVIEW Professional Development Systemをクリックし、上部の[アクティブ化解除]をクリックします(図1)。
lvfigure1.JPG
図1
 
 
  • マルチシートライセンスの場合は、[ネットワークライセンス]タブでLabVIEW Professional Development Systemをクリックし、上部の[無効]をクリックします(図2)。
lvfigure2.JPG
図2
注:マルチシートライセンスの場合、特定の開発システムをアクティブ化を無効にすると、リストされているすべてのコンポーネントのアクティブ化が無効になります。