LabVIEW VI は正常に実行できるがビルドしたアプリケーションがハングアップする

更新しました Feb 16, 2024

使用製品

ソフトウェア

  • Vision Development Module

問題

LabVIEW 2021 64 ビットバージョンを使用しており、同じバージョンのVision Development ModuleをPCにインストールしています。 IMAQdx のサンプルプログラムを参照して VI を作成たところ、VI はエラーなしに実行できますがビルドしたアプリケーションEXEファイルは実行できません。アプリケーションが自動的に終了する前に「Not Responding」と表示されます。

この問題は会社のPCでEXEを実行しようとした場合にのみ発生することに気づきました。個人用のPCではEXEを問題なく実行できます。

EXE が応答しない.png

解決策

お使いの PC に Sentinel One などのアンチウィルスソフトウェアがインストールされている場合、LabVIEW 64 ビットでビルドされた EXE がフリーズする可能性があります。これは、一部のアンチウィルスソフトウェアがデジタル署名がないIMAQdx.DLL呼び出しを持つEXEをブロックするためです。
 

以下のオプションでこの問題を解決ことが可能です。

  1. IMAQdx.DLLを使用したLabVIEW 64ビットのEXEを実行する場合、Sentinel One を無効にする。

  2. ITチームにEXEをホワイトリストに登録するよう依頼する。

  3. LabVIEWの64ビットバージョンではなく、32ビットバージョンを使用する。