VeriStand XNET で AFP 機能を構成する

更新しました Jul 5, 2024

環境

ソフトウェア

  • VeriStand

ドライバ

  • NI-XNET

VeriStand XNET では、自動フレーム処理(Automatic Frame Processing, AFP)でのカスタム チェックサムとローリング カウンターの追加がサポートされています。この記事では、VeriStand XNET で AFP を構成してカスタム チェックサムとローリング カウンターを実装する方法を紹介します。

  1. CAN ポートを追加し、NameXNET databaseを定義します
  2. 右側の構成タブに、Automatic Frame Processingが表示されます。このタブをクリックして選択し、AFP 構成インターフェイスに入ります。
  3. ドロップダウン ボックスには、VeriStand の AFP メソッドが表示されます。デフォルトでは、 None (AFP なし)、 NI VeriStand 2011_CRC8 、およびNI VeriStand 2011_CRC16のみが表示されます。ここでは、 fwTxPreprocess_AddCFI3vを選択した後、このページで設定するパラメータがまだいくつかあると想定していますがデフォルトのままにしておきます。
Capture.PNG
Capture.PNG
  1. AFP 方式を選択すると、cyclicの下にフレームを追加できます。
  2. 追加したフレームを右クリックすると、メニュー バーに Add Automatic Processing Dataオプションが表示されるので、クリックして追加します。
Capture.PNG
  1. 追加すると、フレームの下にAutomatic Frame Processing Dataが表示されます。 CRCCounterの合計 2 つの項目があります。
  2. CRCをクリックすると、右側に CRC 設定インターフェイスが表示されます。First included byteLast included byteおよびStorage offset byteは、それぞれチェックサムの開始バイト、最後のバイト、およびストレージ バイトを表します。 Use alternate channelにチェックが入っていない場合、デフォルトでチェックサムが実行されます。もしチェックを入れている場合にはチェックサム計算をトリガーするチャンネルを追加で構成できます。チャンネル値が 0 の場合、チェックサム計算は実行されません。ゼロ以外の場合、チェックサム計算が実行されます。この機能は、チェックサム フォールト インジェクションに使用できます。
  3. Counterをクリックすると、右側にカウンター構成インターフェイスが表示されます。Width [bit]Storage offset [byte]Bit offset [bit]およびInitial valueは、それぞれカウンタの幅、カウンタの位置 (バイト オフセットおよびビット オフセット)、および初期値を表します。Use alternate channelにチェックが入っていない場合、カウンターはデフォルトで実行されます。もしチェックを入れている場合には、カウンターをトリガーするチャネルを追加で構成できます。チャンネル値が 0 の場合、カウンターは実行されません。ゼロ以外の場合、カウンターが実行されます。この機能は、カウンター フォールト インジェクションに使用できます。
  4. たとえば、メッセージ 0x165 では、チェックサム バイトは 7 番目のバイトにあり、ローリング カウンタは 6 番目のバイトの最初の 4 ビットにあります。
Capture.PNG
この場合、CRC とカウンターの構成情報は次のとおりです。
CRC:
Capture.PNG
カウンター:
Capture.PNG