NIMAXでシミュレートされたNI-DAQmxデバイスを作成する

更新しました May 19, 2021

環境

ソフトウェア

  • Measurement & Automation Explorer (MAX)

ドライバ

  • NI-DAQmx

オペレーティング・システム

  • Windows

このドキュメントは、「NI-DAQmxシリーズ入門」の一部です。

この記事では、NI-DAQmxシミュレーションデバイスを作成する方法を段階的に説明します。

実際のハードウェアなしで機能を理解し、ハードウェア機能をテストする場合、NI-DAQmxシミュレーションデバイスを使うことでデバイスの同様のプロパティを複製できます。これは、NI Measurement and Automation Explorer(MAX)のNI-DAQmxシミュレーションデバイスオプションを使用して作成され、その動作は実際のデバイスと同様です。一部のNI-DAQmxデバイスはMAXでシミュレートできません。多くの場合、シミュレートできないデバイスの代わりに、同様のデバイスをシミュレートできます。ただし、シミュレーションデバイスには、ご使用のデバイスでは使用できない機能が含まれている場合があることにご注意ください。

  1. NI-DAQmx がインストールされていることを確認します。これにより、NI Measurement and Automation Explorer(MAX)が自動的にインストールされます。
    • NI-DAQmxランタイムシミュレーションデバイス機能を使用するには、NI-DAQmxランタイム (構成サポート付き)が含まれていることを確認します。
NI-DAQmxランタイム(構成サポート付き).png
  1. NI MAXを起動します。
  2. NI MAXの左側のパネルで、 マイシステム >> デバイスとインターフェイスに移動し次に 右クリック。
image.png
  1. 新規作成...を選択します。
  2. 次のダイアログボックスで、デバイスとインターフェイス >> NI-DAQmxシミュレーションデバイスまたはモジュール式計測器シミュレーションデバイスを選択します。それをダブルクリックするか、終了をクリックします
image.png
  1. ウィンドウで、デバイスを選択するように求められます。目的のデバイスを検索します。
注:このリストから、NI-DAQmxドライバーでサポートされているさまざまなハードウェアを選択できます。ただしすべてのデバイスをシミュレーションに使用できるわけではありません。モジュール式計測器ドライバ(NI-DCPowerNI-SWITCHなど)をインストールすると、これらのデバイスも選択できるようになります。
  1. NI-DAQmxシミュレーションデバイスとして作成するデバイスを選択し、OKをクリックします
注: NI-9201やNI-9234などのCシリーズモジュールをシミュレートするには、最初にcDAQシャーシをシミュレートする必要があります。
image.png
  1. NI-DAQmxシミュレーションデバイスは、MAXのマイシステム>>デバイスとインターフェイスの下に表示されます。 NI-DAQmxシミュレーションデバイスのアイコンの色は黄色、物理デバイスは緑色、シャーシは灰色です。
  2. Cシリーズモジュールを追加する必要がない場合は、手順11に進んでください。 Cシリーズモジュールを追加する必要がある場合は、新しいシミュレートされたcDAQシャーシを右クリックし、cDAQシミュレーションシャーシを構成...をクリックします。
a.PNG
  1. cDAQシミュレーションシャーシ構成ウィンドウで、さまざまなモジュールを選択できます。使用可能なスロットの数は、構成するcDAQシャーシによって異なります。
image.png
  1. アナログデバイスを効果的に使用するために名前を変更します。デバイスの名前を変更するには、シミュレートされた各デバイスに移動して、マウスの右ボタンをクリックします。 名前を変更をクリックします。
image.png
  1. わかりやすい名前で更新して、アプリでデバイスを簡単に呼び出せるようにします。
注:名前を変更するときは、スペースや特殊文字を使用しないでください

名前の変更が完了した後、すべてのデバイスはNIMAXの名前で更新され、使用できます。
image.png

次のステップ

NI-DAQmxシミュレーションデバイスは、実際のデバイスのように動作します(いくつかの制限があります )。NI-DAQmxシミュレーションデバイスを使用して、物理ハードウェアによって提供されるほとんどの機能をシミュレートできます。 NI-DAQmxシミュレーションデバイスを使用すると、開発者はハードウェアなしでアプリケーション開発と検討を開始し、ターゲットシステム以外のマシンでアプリケーションを開発し、NIソフトウェアの取得機能を評価できます。実際の物理ハードウェアでサポートされていない操作を実行しようとすると、実際のハードウェアと同様に対応するエラーが発生します。