MXI-Expressの互換性と接続性のトラブルシューティングガイド

更新しました May 30, 2021

環境

ハードウェア

  • PXI Remote Control Module
  • MXI Cable

このガイドの目的は、NIMXI-Expressハードウェアを介したPXIまたはPXIExpressシステムのホストコンピュータへの接続に関連する問題のトラブルシューティングを行うことです。


あなたが始める前に

開始する前に、ハードウェアのインストール手順に正しく従っていることを確認してください。


このガイドの範囲

MXI-Expressの接続の問題はさまざまな症状によって表面化する可能性があるため、このガイドでは、報告されている最も一般的な症状のみを取り上げます。既存の情報のいずれでもカバーされていない問題が発生した場合は、 NIサポートに連絡してください。

このガイドは、断続的なMXI-Expressの問題、PXIe-8301を使用したリモート制御システム、または組み込みコントローラを備えたPXIシステムのトラブルシューティングを目的としたものではありません。


このガイドの使用方法

このガイドは、一般的なMXI-Express関連の症状ごとに構成されています。発生している問題に一致する状況を特定し、対応するトラブルシューティング手順を提供された順序で実行します。すべてのステップを完全かつ注意深く実行することが重要です。このガイドで説明されている動作が複数発生している場合は、掲載順でそれぞれのガイドに従ってください。

特定のデバイスモデルのトラブルシューティング手順と考慮事項については、「ハードウェアモデル固有の情報」セクションを確認してください。

症状1:PXI(e)シャーシがPCI(e) MXIカードに接続されていると、コンピュータが起動しないかハングする

コンピュータは一貫してブルースクリーンになる

  1. MXI-Expressハードウェアがなければコンピュータが正しく動作することを確認してください。
    1. システムの電源を切ります。
    2. PCI(e) MXI-Expressカードをコンピューターから取り外します。
    3. コンピュータを再起動し、期待どおりに起動することを確認します。

コンピュータにMXI-Expressハードウェアが接続されていなくても起動の問題が発生した場合は、コンピュータの製造元に連絡して起動可能な状態に戻すか、機能しているコンピュータと交換してください。

  1. すべてのハードウェア接続が安全であることを確認してください。
a. コンピュータの電源を切り、次にシャーシの電源を切ります。
b. すべてのPXI(e)ペリフェラルモジュールをシャーシから取り外します。
c. PXI(e) MXI-Expressモジュールがシステムコントローラスロットに配置され、しっかりと固定されていることを確認してください。
d. ケーブルの端が完全に挿入され、MXI-Expressボードのコネクタに適切に配置されていることを確認してください。 MXI-Express x1ケーブルを使用している場合は、次の図に示すように、「D」型になっているコネクタに機械的に適切に差し込まれていることを確認してください。ケーブルの一部のバージョンは、力を入れると逆さまに接続できてしまう場合があります。
e. PXIe-8398やPXIe-8398などのGen3 x16 MXIボードを使用している場合は、ケーブルを無理やり挿入してしまうと逆さまに入ってしまうことがあります。ケーブルの両端が正しい方向にあることを確認してください。アップストリームとダウンストリームの方向は設定されていないため、ケーブルのどちらの端がPXIe/PCIeに接続されているかは重要ではありません。
f. もしPXIe-8398などのGen3 x16 MXIボードを使用している場合、NIはx8ケーブルを提供しているため、x16接続には2本が必要となります。ケーブルはポートに昇順で接続する必要があります。接続オプションについてはマニュアルを参照してください。
  1. PCI(e) MXIカードがコンピューターにしっかりと装着されていることを確認してください。
  2. MXI-ExpressBIOS互換性ソフトウェアを実行します。 ReadmeにデバイスとOSがサポートされていると記載されている場合にのみ、このソフトウェアをインストールしてください。
    1. MXI-ExpressBIOS互換性ソフトウェアをダウンロードします。
    2. このソフトウェアでは、物理スイッチを切り替えるか、一部のデバイスでソフトウェアユーティリティを実行する必要があるため、インストール手順についてはReadmeを参照してください。

:MXI-Express BIOS互換性ソフトウェアは、特許技術を使用して、PXI(e)システムを列挙する際にBIOSから制御を取得し、それ自体で列挙を処理します。これにより、PXI(e)システムによって導入されたような大規模で複雑なPCI(e)アーキテクチャの列挙を処理できないBIOSが補正されます。

  1. 別のPCI(e)スロットでテストします。
    1. 可能であればグラフィックカードを含む他のすべてのPCI(e)カードをコンピューターから取り外し、PCI(e)MXIカードのみを取り付けた状態で起動してみてください。
    2. PCI(e) MXIカードをコンピューターの各PCI(e)スロットに移動し、再起動してみます。
  1. コンピューターが最新のBIOSバージョンを実行していることを確認します。
    1. BIOSバージョンを確認するには、システム情報を開き、BIOSバージョン/日付をメモします。

  1. 最新のBIOSバージョンについては、コンピュータの製造元のWebサイトを確認してください。
  2. 利用可能な更新バージョンがある場合は、BIOSを更新します。

:マザーボードの製造元は、PCI(e)列挙が失敗してクラッシュする原因となるBIOSバージョンのバグを修正します。最新のBIOSバージョンを実行していることを確認することにより、予期せぬ動作がBIOSのバグによって引き起こされる可能性を減らすことができます。

  1. マザーボードのマニュアルを参照して、BIOS設定でActive State Power Management(ASPM)を無効にします。 BIOSでASPMを無効にできない場合は、Windowsの設定で構成してください。
    1. パワープランの詳細設定を開きます。
    2. PCI Expressおよびリンクステート電源管理を展開します。
    3. On BatteryかつPlugged Inの場合、ドロップダウンメニューを開き、 Link State Power Management設定をオフにします。


症状2:MAXがPXIまたはMXIハードウェアを検出、認識、または接続できない

  • PXI(e)シャーシ
  • PCI(e) MXI-Expressカード
  • PXI(e)ペリフェラルモジュール
  • デイジーチェーンPXI(e)システム

 

  1. 大規模なシステムで作業している場合は、最初にシステムを再現可能な最小の構成(たとえば、1つのシャーシとMXI-Expressカード)に縮小します。
  2. PXI(e) MXI-ExpressカードのPWR、LINK、またはPWR/LINK LEDのステータスを確認します。 LEDが赤の場合は、最初に「PXI/PXIe MXI-Express Card LED Red or Amber」を参照して解決してください。
  3. デバイスマネージャでPXIハードウェアを検出できるかどうかを確認します。
    1. デバイスマネージャを開きます。
    2. MXI-Express接続がNational Instruments SMBus Controllerとして識別されていることを確認します。

  1. [システムデバイス]で、PCI-to-PCIブリッジがエラーなしで表示されることを確認します。

この動作が発生しない場合は、症状3:コンピューター/デバイスマネージャーがPCI/PCIe MXIカードを検出、認識、または接続できないを参照してください。

  1. MAX構成データベースをリセットします
  2. 互換性のあるバージョンのPXIプラットフォームサービスドライバがインストールされていることを確認してください。
    1. ハードウェアモデルとコンピューターのオペレーティングシステムの互換性を相互参照して、互換性のあるドライバーのバージョンを特定します。
    1. MAXを使用して、インストールされているPXIプラットフォームサービスのバージョンを識別 します。

PXIプラットフォームサービスのバージョンに互換性がない場合は、

  1. システムの電源を切り、PCI(e)MXI-Expressカードをコンピューターから取り外します。
  2. コンピュータの電源を入れ、互換性のあるバージョンのPXIプラットフォームサービスをインストールします。
 
  1. MXIBIOS互換性ソフトウェアを実行します。 ReadmeにデバイスとOSがサポートされていると記載されている場合にのみ、このソフトウェアをインストールしてください。
  2. MXI BIOS互換性ソフトウェアのReadmeを参照して、BIOS互換性スイッチがデバイスに正しく設定されていることを確認してください。

ハードウェアスイッチ

  • コンピューターでMXIBIOS互換性ソフトウェアが実行されている場合は、DIPスイッチ1がオンの位置にある必要があります。
  • コンピューターでMXIBIOS互換性ソフトウェアが実行されていない場合は、DIPスイッチ1をオフの位置にする必要があります。

ソフトウェアスイッチ

  • コンピューターでMXIBIOS互換性ソフトウェアを実行している場合は、モード1を有効にする必要があります。
  • コンピューターでMXIBIOS互換性ソフトウェアが実行されていない場合は、モード1を無効にする必要があります。
  1. MXI-ExpressファイバーケーブルとPCI(e)/PXI(e)-838xを使用している場合は、「ハードウェアモデル固有の情報」セクションの追加の考慮事項とトラブルシューティング手順を参照してください。
  2. コンピューターが最新のBIOSバージョンを実行していることを確認します。詳細な手順については、「症状1:PXI(e)シャーシがPCI(e) MXIカードに接続されているときにコンピュータが起動しないかハングする」の手順5を参照してください。
  3. 別のPCI(e)スロットでテストします。必ず適切な再起動シーケンスに従ってください。
    1. 可能であればグラフィックカードを含む他のすべてのPCI(e)カードをコンピューターから取り外し、PCI(e) MXIカードのみを取り付けた状態で起動してみてください。
    2. PCI(e) MXIカードをコンピューターの各PCI(e)スロットに移動し、再起動してみます。
  4. iniファイルを再生成します。
    1. C:\Windowsに移動し、pxisys.inipxiesys.iniがあることを確認します。
    2. これらのiniファイルを削除して、コンピューターを再起動します。ファイルは自動的に再生成されます。
  1. PXI(e)ボードとPCI(e) MXIボードを別のケーブルでテストします。必ず適切な再起動シーケンスに従ってください。
  2. さまざまなPCI(e)およびPXI(e) MXIボードでテストします。必ず適切な再起動シーケンスに従ってください。
  3. MAXで、[PXIシステム設定]の[PXIアクティブリソースマネージャ]が[National Instruments]に設定されていることを確認します。
  4. それでもペリフェラルモジュールが表示されない場合は、MAXでPXI(e)ペリフェラルモジュールを検出できない(英文)を参照してください。

適切な再起動シーケンス

  1. コンピュータの電源を切り、次にシャーシの電源を切ります。
  2. システムに変更を加えます(例:付属のケーブルでPXI(e)およびPCI(e)カードを接続する、モジュールを追加または削除するなど)。
  3. シャーシの電源を入れてから、コンピュータの電源を入れます。


症状3:コンピューター/デバイスマネージャーがPCI(e)MXIカードを検出、認識、または接続できない

  1. NI PXIリソースマネージャがサービスで実行および自動化されていることを確認します。

  1. 別のPCI(e)スロットでテストします。
    1. 可能であればグラフィックカードを含む他のすべてのPCI(e)カードをコンピューターから取り外し、PCI(e)MXIカードのみを取り付けた状態で起動してみてください。
    2. PCI(e) MXIカードをコンピューターの各PCI(e)スロットに移動し、再起動してみます。
  2. 別のモデルのコンピューターでテストします。
  3. それでもデバイスがデバイスマネージャに表示されない場合は、 NIサポート に連絡してください。


症状4:デバイスマネージャでエラーが発生する

エラー10

MXI接続時のWindowsデバイスマネージャのエラー10(英文)を参照してください。

エラー12

MXI-Express(MXIe)のエラー12を参照してください。

エラー31

MXI接続時のWindowsのデバイスマネージャのコード31(英文)を参照してください。

その他のエラー

デバイスマネージャで発生するその他のエラーは、MXI-Expressハードウェア固有のものではありません。上記のいずれでもないエラーが発生した場合は、サポートナレッジベース で検索してみてください。


症状5:MXI(e)カードのLEDが赤またはオレンジ色である

PXI/PXIe MXI-Express Card LED Red or Amber を参照してください。


ハードウェアモデル固有の情報

この表には、特定のMXI-Expressハードウェアを使用する際の重要なトラブルシューティング情報と考慮事項が含まれています。特定のモデルのトラブルシューティング手順については、このセクションを確認してください。

MXI-Expressハードウェアモデルトラブルシューティング情報と考慮事項
PCIe-8361 – Gen1、x1
PXIe-8360 – Gen1、x1
ケーブルの端が完全に挿入され、MXI-Expressボードのコネクタに適切に配置されていることを確認してください。
PCIe-8262 – Gen1、x1

PCIe-8361にはさまざまなバリエーションがあります。 PCIe-8361(195315x-01L)にはディップスイッチがありません。これは、MXI-ExpressBIOS互換性ソフトウェアがこのモジュールでサポートされていないことを意味します。

PCI-ExpressデバイスとPXI-Expressデバイスの両方がMAXに表示されます。

PXIe-8370 – Gen1、x4
PCIe-8371 – Gen1、x4
PCIe-8372 – Gen1、x4
特別な考慮事項はありません。
PCIe-8381 – Gen2、x8
PXIe-8381 – Gen2、x8
PXIe-8384 – Gen2、x8

x8 MXI-Expressファイバーケーブルを使用している場合は、PCIe-8381に設定が必要なスイッチがあります。銅ケーブルを使用している場合、これはデフォルトで設定されています。

ファイバーケーブルには、ホストとターゲットの方向があります。ケーブルの両端が正しいハードウェアに接続されていることを確認してください。

PCI-ExpressデバイスとPXI-Expressデバイスの両方がMAXに表示されます。

PXIe-8388 – Gen2、x16
PCIe-8389 – Gen2、x16
PXIe-8388およびPCIe-8389は、RMC-83XXコントローラでのみ使用するように設計されています。これらには高い安定性の時計が必要です。つまり、ほとんどのマザーボードでは機能しません。
PCIe-8398 – Gen3、x16
PXIe-8398 – Gen3、x16
PXIe-8399 – Gen3、x16

MXI-Express BIOS互換性ソフトウェアを実行している場合は、それと一緒にインストールされるNI MXI構成ユーティリティも実行する必要があります。このユーティリティは、ハードウェアDIPスイッチを切り替える代わりに、ソフトウェアスイッチを切り替えます。


ソフトウェアスイッチは永続的であるため、ユーティリティを実行する必要があるのは1回だけです。

PCIe-8398、PXIe-8398、またはPXIe-8399を別のコンピュータに移動する場合、新しいコンピュータでMXI-Express BIOS互換性ソフトウェアを実行するか、NI MXI設定ユーティリティを再実行してソフトウェアスイッチを無効にする必要があります。

ソフトウェアスイッチが有効になっていて、コンピューターにMXI互換性がインストールされていない場合、MXI-ExpressハードウェアはMAXで「NI Boot Time PCI Resource」として誤って表示されます。

ケーブルの端が完全に挿入され、MXI-Expressボードのコネクタに適切に配置されていることを確認してください。

PCI-ExpressデバイスとPXI-Expressデバイスの両方がMAXに表示されます。


その他のトラブルシューティング手順

  1. 別のコンピューターを使用してください。
  2. PXI組み込みコントローラを使用します。 NI PXI組み込みコントローラには、PCIおよびPCI Express仕様で許可されている最も複雑なシャーシ拡張構成を処理するように作成されたBIOSがあります。
  3. 可能な場合は、 シャーシやMXI-Expressファームウェアを更新します。
  4. NIサポート に連絡してください。


NIからのメモ

MXI-Expressデバイスは、個々のマザーボードメーカーに大きく依存しており、接続の問題が発生する場合があります。複雑なMXI-Express構成は、一部のシステムのBIOSが必要なすべてのリソースを正しく列挙するのに問題を引き起こす可能性があり、起動プロセス中にシステムがフリーズする可能性があります。

これらのトラブルシューティング手順またはMXI-Express製品について質問がある場合は、 NIサポートにお問い合わせください。