LabVIEWライブラリファイル(LLB)からファイルを抽出する

更新しました Dec 3, 2020

環境

ソフトウェア

  • LabVIEW Full
  • LabVIEW Base
  • LabVIEW Professional

LLBファイルにあるすべてのVIを抽出したいのですが、どうすればよいですか?

  1. Windowsエクスプローラでディスク上のLLBファイルに移動します。LLBファイルをダブルクリックします。このファイルは、LLBマネージャウィンドウで開きます。
  2. LLBマネージャが開いたら、ボタンを1回クリックします。


     
  3. この場所から、ファイルを1回クリックして抽出するLLBファイルを選択します。 次に、LLBとディレクトリを変換をクリックして、変換オプションダイアログを開きます。




     
  4. 変換オプションダイアログでは、元のLLBファイルで何を行うかを設定するだけでなく、新しいディレクトリの名前を設定することもできます。


     
  5. 変換ボタンをクリックします。フォルダは、LLBファイルの場所と同じディレクトリに作成されます。

Additional Information

元のLLBのオプションとして".LLX拡張子を使用してバックアップ"を選択すると、拡張子を.llxから.llbに変更することによってLLXファイルをLLBファイルに戻すことができます。これにより、.llbのオリジナルが復元されます。