NI LicenseManagerのネットワークライセンスの設定と接続のテスト

更新しました Nov 21, 2022

環境

ソフトウェア

  • Volume License Manager

この記事では、ボリュームライセンスサーバーと通信するようにNI License Manager(NILM)が正しく構成されていることをテストおよび確認する方法について説明します。

この記事はVolume License Manager (VLM) トラブルシューティングガイドの一部です。

初めに

ここではNI License Managerがライセンスサーバーを使用するように構成されており、ライセンスサーバーと通信できることを確認します。これは、クライアントコンピュータのNI License Managerで設定します。NI License Managerが正しく設定され、ライセンスサーバと通信できるようになると、クライアント権限がボリュームライセンスマネージャに追加されたことを確認できます。
 

クライアントがライセンスサーバーと同じドメインにあることを確認します

クライアントコンピューターがクライアントコンピューターとは異なるドメインにあるライセンスサーバーに接続されている場合、エラーが発生する可能性があります。これを解決するには、サーバーのドメインをクライアントコンピューターのDNS設定に追加します。これを行うには、クライアントコンピューターで次の手順を実行します。

Windows 7および以前のバージョンのWindowsでDNS設定を確認するには:

  1. コントロールパネルからローカルエリアネットワーク設定を開きます([スタート]»[コントロールパネル]»[ネットワーク接続]»[ローカルエリア接続] )。
  2. [プロパティ]ボタンをクリックします。
  3. ネットワークコンポーネントのリストからインターネットプロトコル(TCP / IP)を選択します。
  4. [プロパティ]ボタンをクリックします。
  5. [詳細]ボタンをクリックします。
  6. [DNS ]タブに移動します。
  7. [これらのDNSサフィックスを追加する]が選択されていることを確認します。
  8. [追加]ボタンをクリックします。
  9. ライセンスサーバーのドメインサフィックスを入力し、[追加]をクリックします。
  10. 開いているダイアログボックスをすべて閉じ、必要に応じて[OK ]と[閉じる]を選択します。

Windows 10でDNS設定を確認するには:
  1. コントロールパネルからネットワークとインターネットの設定を開きます([スタート]»[コントロールパネル]»[ネットワークとインターネット]»[ネットワークとステータスの表示] )。
  2. [アダプタ設定の変更]を選択します。
  3. DNS設定を確認するネットワークを選択して右クリックし、[プロパティ]を選択します
  4. 使用しているIPのバージョンに応じて、ネットワークコンポーネントのリストからインターネットプロトコル(TCP / IP)を選択します。
  5. [プロパティ]ボタンをクリックします。
  6. [詳細]ボタンをクリックします。
  7. [DNS ]タブに移動します。
  8. [これらのDNSサフィックスを追加する]が選択されていることを確認します。
  9. [追加]ボタンをクリックします。
  10. ライセンスサーバーのドメインサフィックスを入力し、[追加]をクリックします。
  11. 開いているダイアログボックスをすべて閉じ、必要に応じて[OK ]と[閉じる]を選択します

構成と接続性

  1. NI License Managerの[ネットワークライセンス]タブでライセンスサーバを登録し、通信を確認します。 27000および4637以外のポートを使用する場合は、<マシン名>:<ポート番号>の形式でポート番号を必ず含めてください。

注: NI License Managerがマシン名を使用してライセンスサーバーに接続できない場合は、<IPアドレス>:<ポート番号>を試してください。

  1. 上記の方法でもライセンスサーバーと通信できない場合は、マシン名をマシンのIPアドレスに置き換えて、ライセンスサーバーにインストールされているライセンスファイルを編集します。これは最後のステップとしてのみ推奨されます。
    1. National Instrumentsから提供されたライセンスファイルをテキストエディタで開き、SERVERの直後の1行目にあるマシン名をマシンのIPアドレスに置き換えます。現在使用されているライセンスファイルは、次の場所にあります。
      <ProgramData>\National Instruments\Volume License Manager\nivlm.lic
      注: NIでは、編集を行う前にnivlm.licのバックアップを作成することをお勧めします。
    2. ライセンスファイルの他の部分は無効になる可能性があるため、変更しないでください。
    3. ライセンスファイルを保存し、ボリュームライセンスマネージャーにインストールします。こちらの手順 でインストールを行います。
  1. NI License ManagerがVolume License Managerと通信できるようになったら、Volume License Managerを使用してクライアント権限を追加します。 NI License ManagerがVolume License Managerと通信できない場合、Volume License Manager (VLM) トラブルシューティングガイド の別の項目を確認してください。
    1. サーバと接続ができた後のクライアント側の設定手順については、こちらの資料 を参照してください。

結果の解釈

NI License Managerから、マシン名またはIPアドレスのいずれかを使用してもライセンスサーバーに接続できない場合

これは、NI License Managerが、[ボリュームライセンスサーバーの管理]ダイアログで提供される情報を使用してライセンスサーバーと通信できなかったことを意味します。この通信は、ファイアウォールまたはウイルス対策ソフトウェアによってブロックされる可能性があります。ライセンスサーバーへの接続がまだテストされていない場合は、 PingテストおよびTelnetテストのトラブルシューティングガイドを参照してください。

すべてのテストに合格したが、まだ問題が発生している場合

クライアントからPingテストで概説されているようにpingを介して正常に通信でき、Telnetテストで概説されているように適切なポートを介して通信でき、NI License Managerで正しく構成されている場合は、 NIサポートに連絡してさらにトラブルシューティングを行うことをお勧めします。

すべてのテストに合格し、すべてが正しく機能している場合

NI License Managerがライセンスサーバーに接続できる場合、ライセンスサーバーからライセンスを取得できあmす。クライアントにライセンスを提供するようにライセンスサーバーを構成する必要があります。