ソフトウェアコマンドでNI Linux Real-Timeデバイスをシャットダウンする

更新しました Nov 30, 2020

環境

オペレーティング・システム

  • LabVIEW Real-Time (NI Linux Real-Time)

その他

NI Linux Real-Timeターゲット

ソフトウェアコマンドでNI Linux Real-Timeデバイスをシャットダウンするにはどうすればよいですか?

デバイスをシャットダウンする方法は、2つあります。
 

  • ライブラリ関数呼び出しノードを使用して、Linux Real-Timeデバイスに標準インストールされているライブラリglibcを呼び出すことができます。このライブラリのバージョンは、LabVIEWのリリースごとに変わる可能性があるため、必ずデバイスにあるlibc-x.xx.soを指すようにしてください。下図は、シャットダウンを行うサンプルプログラムです。このVIは、下記に添付されています。


    コマンド4321FEDCでデバイスをシャットダウンできます。

     

Additional Information

NI Linux Real-Timeデバイスにはフラッシュベースのハードウェアを搭載しているため、内部バッテリ残量がなくなる前にデバイスをシャットダウンすることを強くお勧めします。LabVIEWからLinux Real-Timeコマンドラインにアクセスする方法の詳細については、NI Linux Real-Timeの内部を参照してください。