NIパッケージマネージャーのエラーログの生成と検索

更新しました Aug 6, 2021

環境

ソフトウェア

  • Package Manager

  • NI Package Manager(NIPM)の問題のトラブルシューティングをしたいのですが、関連するログ、ログの生成方法、またはディスク上の場所がわかりません。
  • NIパッケージマネージャー(NIPM)に問題があり、トラブルシューティングのためにcURLまたはネットワークログを取得する必要があります。そのログファイルを作成するにはどうすればよいですか?

デフォルトのエラーログ
NI Package Managerで問題が発生すると、デフォルトで有効化および生成されるエラーログがあります。それらはローカルにあります:
C:\Users\<Windowsユーザー名>\AppData\Local\National Instruments\NI Package Manager\Logs

注:デフォルトでは、AppDataディレクトリはWindowsマシンでは非表示になっています。システムでAppDataフォルダーを見つけるのに苦労している場合は、C:\Users\<Windows Username>\に移動し、このページのMicrosoftの指示に従って、非表示のフォルダーを表示します。



追加のエラーログの構成
2つの追加ログ、cURLログとMSIログも、問題のトラブルシューティングに役立ちます。これらの追加ログを有効または無効にするには、次のコマンドを使用します。

  • MSIログの有効化:
    "C:\Program Files\National Instruments\NI Package Manager\nipkg.exe" set-config nipkg.plugin.wininst.msilogs-enabled = true
  • MSIログの無効化:
    "C:\Program Files\National Instruments\NI Package Manager\nipkg.exe" set-config nipkg.plugin.wininst.msilogs-enabled = false
  • cURLログの有効化:
    "C:\Program Files\National Instruments\NI Package Manager\nipkg.exe" set-config nipkg.curldebugfile-enable = true
  • cURLログの無効化:
    "C:\Program Files\National Instruments\NI Package Manager\nipkg.exe" set-config nipkg.curldebugfile-enable = false

ログの生成を有効にした後、エラーが発生した場合にのみログが作成されるため、NIパッケージマネージャーでエラーを再度発生させる必要があります。
これらの追加のエラーログは、C:\Users\<Windows Username>\AppData\Local\National Instruments\NI Package Manager\logs にも配置されます。

:インストールの問題のトラブルシューティングが終了したら、MSIログを無効にすることをお勧めします。 MSIログを有効にすると、パッケージのインストールにかかる時間が大幅に長くなります。


NIパッケージマネージャーのエラーログの読み取り
NIパッケージマネージャーのエラーログファイルには、パッケージのダウンロードおよびインストールプロセスの非常に詳細なプロトコルが含まれているため、解釈が難しい場合があります。トラブルシューティング中のパッケージに障害が発生した場合は、ログで関連するエラーメッセージを探し、サーバーからのものか、ファイルのコピーからのものか、インストールなどからのものかを判断します。

検索機能を使用してログファイル内の「エラー」という単語を検索すると、ログ内のエラーを見つけるのに役立ち、周囲のテキストを読んでエラーの場所を特定するのに役立つ場合があります。