LabVIEWでチャートまたはグラフをクリアする

更新しました Nov 17, 2020

環境

ソフトウェア

  • LabVIEW

LabVIEWのチャートまたはグラフに表示されるデータは、コードを実行する前または後に、手動またはプログラムでクリアできます。このチュートリアルでは、LabVIEWのチャートまたはグラフからデータをクリアするための複数の方法について説明します。

手動でデータを消去する

この方法は、チャートまたはグラフで使用できます。簡単にするために、グラフという用語を以下で使用します。
  1. 波形グラフオブジェクトを含むLabVIEWVIを開きます。
  2. フロントパネルで、グラフを右クリックし、[データ操作] >> [グラフをクリア]を選択します

プログラムでクリアなデータ

チャートまたはグラフからプログラムでデータをクリアする方法は複数あります。波形チャートまたは波形グラフのどちらが使用されているかに応じて、特定のプロパティノードを使用してフロントパネルオブジェクトをクリアできます。どちらのデータ型でも、[デフォルトに再初期化]プロパティノードを使用できます。

チャート

空の配列を履歴データバッファに書き込むことにより、プログラムでチャートをクリアできます。
  1. ブロックダイアグラムで、チャートアイコンを右クリックし、[作成]»[プロパティノード]»[ 履歴データ]を選択します
    • プロパティノードの上部のバーの色は、グラフで使用されているデータ型によって決定されることに注意してください。
  2. 履歴データ」プロパティー・ノードを右クリックして、 書き込みに変更」を選択します
  3. 履歴データターミナルを右クリックし、「定数の作成」を選択します。
これにより、空のデータ配列がグラフに書き込まれ、このコードが実行されたときに履歴がクリアされます。

グラフ

Valueプロパティに空の配列を書き込むことにより、プログラムでグラフをクリアできます。
  1. グラフを右クリックし、[データ操作] »[グラフのクリア]を選択して、グラフがクリアであることを確認します。
  2. グラフを右クリックして、「作成」→「プロパティノード」→「値」を選択します
  3. 「値」を右クリックして、「書き込みに変更」を選択します
  4. バリューターミナルを右クリックし、「定数の作成」を選択します
これにより、空のデータがグラフに書き込まれ、このコードが実行されるとグラフがクリアされます。

デフォルトに再初期化

グラフまたはチャートのデフォルト値が空の配列であることを確認する場合は、 Reinitialize toDefaultメソッド使用することもできます。
  1. フロントパネルでオブジェクトを右クリックし、[データ操作] >> [グラフのクリア]または[チャートのクリア]を選択して、グラフ/チャートがクリアされていることを確認します。
  2. グラフ/チャートを右クリックして、この空の状態をデフォルトとして設定し、[データ操作] >> [現在の値をデフォルトにする]を選択します。
  3. ブロックダイアグラムで、グラフ/チャートを右クリックし、[作成] >> [ノードの呼び出し] >> [デフォルトに再初期化]を選択します。
このメソッドは、フロントパネルオブジェクトをデフォルトの状態に戻します。

Additional Information

プログラムでグラフとチャートをクリアする例については、 labview \ examples \ Controls and Indicators \ Graphs and Charts \ Waveform Graphs andChartsディレクトリにあるClearingWaveform ChartsVIを参照してください。