NIパッケージマネージャからインストールするソフトウェアの出力先フォルダを変更する

更新しました Jun 22, 2022

環境

ソフトウェア

  • Package Manager

NI パッケージマネージャ(NIPM)を使用してダウンロードおよびインストールするソフトウェアの出力先ディレクトリを変更したいです。

NI パッケージマネージャ(NIPM)のユーザインターフェイス上でインストールフォルダを明示的人変更する方法はありません。変更するには、レジストリを編集する必要があります。インストールを実行する前に、以下の手順に従って、NIソフトウェアのデフォルトのインストールディレクトリを変更します。

  1. NIソフトウェアの目的のルートディレクトリを手動で作成します。例、D:\Bin\NI\
  2. レジストリエディターを起動します。これは、Windowsの検索ボックスから「ファイル名を指定して実行」を使用し、プロンプトに「regedit」と入力することで実行できます。
  3. 次のレジストリキーを手動で作成し、以下の情報を含む文字列値を追加します。
    • (32ビット)HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\WOW6432Node\National Instruments\Common\Installer
      • NIDIR = <インストールディレクトリパス>
    • (64ビット)HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\National Instruments\Common\Installer
      • NIDIR64 = <インストールディレクトリパス>
reg_editor.PNG
32ビットキーは32ビットのソフトウェアのインストールディレクトリを変更し、64ビットキーは64ビットのソフトウェアのインストールディレクトリを変更します。これらの2つのキーは、基本的には同じインストールディレクトリを指してはなりません。ソフトウェアをインストールする前にこれらの編集を行う必要があります。

:すべてのNIソフトウェアに対して保証されている手順ではありません。

追加情報

NI パッケージマネージャ自体のインストールディレクトリを変更する場合:

  1. NIソフトウェアの目的のルートディレクトリを手動で作成します。例、D:\Bin\NI\NIPM\
  2. 次の2つのレジストリキーを手動で作成します:
    1. Computer\HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\WOW6432Node\National Instruments\NI Package Manager\CurrentVersion
    2. Computer\HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\National Instruments\NI Package Manager\CurrentVersion
  3. 作成された各レジストリキーに、Pathという名前の文字列値と指定のインストールディレクトリパスを追加します。例、D:\Bin\NI\NIPM\ :上記とは異なり、NIPMの場合、32ビットキーと64ビットキーはいずれも同じインストールディレクトリを指します。
  4. NIパッケージマネージャをインストールします。
次に、上記手順に従い、NI パッケージマネージャを使用しインストールされるすべてのソフトウェアが新しいディレクトリにインストールされるように構成する必要があります。