VLMから作成されたボリュームライセンスインストーラーでのWebベースインストーラーの使用

更新しました Nov 11, 2020

環境

ソフトウェア

  • Volume License Manager

NIボリュームライセンスマネージャー(VLM)で作成したボリュームライセンスインストーラー(VLI)でWebベースのインストーラーを使用できますか?

はい、ボリュームライセンスインストーラーでWebベースのインストーラーを使用できます。 Webベースのインストーラーを使用してボリュームライセンスインストーラーを作成するには、次の一般的な手順を実行します。

NIボリュームライセンスマネージャー3.1以降

  1. 使用するWebベースのインストーラーをダウンロードします。
  2. 次のいずれかの方法を使用して、インストーラーを抽出します。
    • コマンドプロンプトから、オプション/ extractOnlyを指定してダウンロードしたファイルを実行し、その後にインストーラーを抽出する場所へのパスを続けます。例:
      LabVIEW_2014_Platform_ENG_WB.exe / extractOnly "c:\ NI Downloads \ LabVIEW 2014 Platform(web-based)"
    • ダウンロードしたファイルを実行し、[開始]をクリックしてファイルを抽出し、インストーラーを起動します。インストーラーが起動したら、[キャンセル]をクリックします。
  3. NI VLM内から、ボリュームライセンスインストーラウィザードを使用して、抽出したインストーラを使用してボリュームライセンスインストーラを作成します。この手順を完了するには、インターネット接続が機能している必要があります。
  4. 新しく作成したボリュームライセンスインストーラーをエンドユーザーに配布します。

NIボリュームライセンスマネージャー3.0
  1. 使用するWebベースのインストーラーをダウンロードします。 Webベースのインストーラーの使用方法については、 ni.com / infoにアクセスし、情報コードwebbasedinstallersを入力してください。
  2. 次のいずれかの方法を使用して、インストーラーを抽出します。
    • コマンドプロンプトから、オプション/ extractOnlyを指定してダウンロードしたファイルを実行し、その後にインストーラーを抽出する場所へのパスを続けます。例:
      LabVIEW_2014_Platform_ENG_WB.exe / extractOnly "c:\ NI Downloads \ LabVIEW 2014 Platform(web-based)"
    • ダウンロードしたファイルを実行し、[開始]をクリックしてファイルを抽出し、インストーラーを起動します。インストーラーが起動したら、[キャンセル]をクリックします。
  3. NI VLM内から、ボリュームライセンスインストーラウィザードを使用して、抽出したインストーラを使用してボリュームライセンスインストーラを作成します。
  4. プロンプトが表示されたらネットワークドライブの配布方法を選択し、プロンプトに従ってボリュームライセンスインストーラーの作成を完了します。
  5. コマンドプロンプトから、/ DownloadAllNoInstalloptionを使用して結果のsetup.exeを実行し、インストーラーに必要なすべての製品をダウンロードします。この手順を完了するには、インターネット接続が機能している必要があります。
  6. 新しく作成したボリュームライセンスインストーラーをエンドユーザーに配布します。