LabVIEWでWindowsコマンドを実行するにはどうすればよいですか?

更新しました Nov 10, 2020

環境

ソフトウェア

  • LabVIEW Base
  • LabVIEW Full
  • LabVIEW Professional

LabVIEWでWindowsコマンドラインコマンドを実行したい。どうすればこれを達成できますか?

これを実現するには2つの方法があります。どちらの方法でも、[接続]»[ライブラリと実行可能ファイル]パレットにあるSystem ExecVIを使用します
  • 次のコードは、C:\ディレクトリでdirコマンドを実行し、結果を文字列インジケータに出力します。この方法を使用すると、コマンドプロンプトウィンドウは表示されません。 LabVIEWはそれを開き、コマンドを実行して文字列の結果を返します。 LabVIEWは、結果が返されるまで待ってからプログラムを続行します。特定の状況では、ディレクトリの後に改行文字(\ r \ n)を含める必要があります コマンド。

この画像はLabVIEWスニペットであり、プロジェクトで再利用できるLabVIEWコードが含まれています。スニペットを使用するには、画像を右クリックしてコンピュータに保存し、ファイルをLabVIEWブロックダイアグラムにドラッグします。

  • または、以下に示す実装では、コマンドプロンプトウィンドウが開き、コマンドプロンプト内のC:\でdirコマンドが実行されます。 / k引数は、dirコマンドの結果を確認できるように、コマンドプロンプトウィンドウを開いたままにします。この方法を使用すると、LabVIEWとコマンドプロンプトウィンドウは非同期で実行されます。つまり、コマンドウィンドウを起動してコマンドを渡した後、コマンドプロンプトウィンドウがdirコマンドに応答している間、LabVIEWはコード内の次のVIを実行し続けます。

この画像はLabVIEWスニペットであり、プロジェクトで再利用できるLabVIEWコードが含まれています。スニペットを使用するには、画像を右クリックしてコンピュータに保存し、ファイルをLabVIEWブロックダイアグラムにドラッグします。

追加情報

より多くのコマンドセットを自動化する必要がある場合は、SystemExec.viを使用してVBscriptファイルを呼び出すこともできます。