ローカルホストPCでLabVIEW EXEファイルをデバッグする

更新しました Nov 23, 2019

使用製品

Software

  • LabVIEW
  • LabVIEW Application Builder Module

問題

ビルドしたアプリケーションが実行中に不明な問題が発生しました。これはソフトウェアの問題である可能性が高く、デバッグを試したいです。ローカルホストPCでEXEファイルをデバッグする方法はありますか?

解決策

EXEファイルは、デバッグすることができます。EXEファイルをデバッグするには、EXEファイルをビルドする前に1つの設定を行う必要があります。
 

  1. プロジェクトエクスプローラでビルド仕様を右クリックして、新規>>アプリケーション(EXE)を選択します。

     
  2. ソースファイルカテゴリでメインVIを選択して、スタートアップVIボックスの左側にある右矢印ボタンを押して、スタートアップVIボックスに移動します。

     
  3. 上級カテゴリに移動して、デバッグを許可チェックボックスにチェックを入れます。

     
  4. ビルドボタンを押して、EXEファイルを作成します。

     
  5. 作成したEXEファイルを実行して、動作確認します。

     
  6. プロジェクトエクスプローラで操作メニュー>>アプリケーションまたは共有ライブラリのデバッグ...を選択します。このとき、EXEを閉じずに開いたままにしておきます。終了すると、LabVIEWはEXEにアクセスできません。

     
  7. ローカルPCでデバッグする場合は、マシン名またはIPアドレスフィールドにlocalhostと記入して、更新ボタンをクリックします。(ターゲットPCでデバッグする場合は、LabVIEWで実行ファイルをリモートでデバッグするを参照してください。)
  8. アプリケーションまたは共有ライブラリドロップダウンメニューでEXEファイルを選択します。
  9. 接続ボタンをクリックします。

     
  10. フロントパネルとブロックダイアグラムが開きます。それにより、ブロックダイアグラムでプローブやブレークポイント、ハイライト実行などのデバッグ機能を使用して、開発環境のようにデバッグできます。

     

追加情報

LabVIEW 2017および2017 SP1には、アプリケーションまたは共有ライブラリでEXEを探すバグがあります。