どのNI Camera LinkボードがCamera Controlラインへのルーティングをサポートしていますか?

更新しました Oct 26, 2019

使用製品

Hardware

  • PCI-1426
  • PCIe-1427
  • PCIe-1429
  • PCIe-1430
  • PCIe-1433
  • Camera

Software

  • Vision Assistant
  • Vision Software Suite
  • Vision Development Module

Driver

  • IMAQ Vision

問題

Real-Time System Integration(RTSI)ラインを介して、外部信号(NIモーションコントローラボードからのエンコーダ入力信号など)を Camera Control(CC)ラインにルーティングしたいカメラがあります。信号をルーティングするように構成できるVIまたは関数が見つからず、カメラファイルでこれを設定する必要があるかどうかも分かりません。


画像収集ボードは、外部信号をCCラインにルーティングすることをサポートしていますか?使用しているボードがこの機能をサポートしている場合、プログラム的にルーティングするように構成するにはどうすればよいですか?

解決策


 

CCラインへのルーティング信号をサポートする画像収集ボードは、PCI-1426、PCIe-1427、PCIe-1429、PCIe-1430、およびPCIe-1433です。
 

PCI-1426およびPCIe-1427は、外部トリガ0~3をCCライン1~4にルーティングすることをサポートしています。これらのボードでは、4つのラインすべてにデフォルトのソースを指定するか、デフォルトのソースまたは外部トリガを使用するようにすべてのラインを個別に構成できます。デフォルトのソースは、カメラファイルで指定されたパターンです。
 

PCIe-1429、PCIe-1430およびPCIe-1433は、外部トリガ、国際標準化機構(ISO)入力、およびRTSI信号のCCラインへのルーティングをサポートしています。これらのボードには、CCソースタイプとCCソース番号があります。CCソースタイプは、選択したカメラコントロールラインのソースタイプです。ソースタイプは、デフォルト、外部、RTSI、またはISO入力から選択できます。ソース番号は、制御ラインにルーティングされるトリガラインの数です。有効な値の範囲は、選択したトリガタイプによって異なります。任意のトリガラインをCCラインにルーティングできますが、値は指定されたソースで使用可能なラインの数に制限されます。たとえば、PCIe-1429には7つのRTSIラインがあるため、RTSIがソースとして指定されている場合、有効な範囲は0~6です。

 

 

カメラファイルでCCラインへのルーティングを構成する

これらのボードは、Measurement&Automation Explorer(MAX)でCCラインへのルーティング信号を構成できます。 Camera Attributesタブには、Camera Control Lines Sourceというセクションがあります。ここで、CCラインにルーティングする信号を設定します。MAXバージョン18.0以降を使用している場合は、How Can I Read and Route Trigger Signal Directly to My Camera Link Camera via the Camera Control Line (CCL)?を参照してください。


 

 

カメラファイルでCCラインへのルーティングを構成する

CCラインに単純なパルスを送信するだけの場合は、カメラファイルでこれを設定できます。カメラファイルは、収集が実行されるたびにCCラインの特定の動作を定義することをサポートします。この動作は、シリアルコマンドをカメラに送信するか、単純なTTLパルスを送信します。外部信号を使用してCCラインをさらに制御するには、MAXでカメラ制御ラインを構成し、必要に応じて外部信号を構成します。
 

ほとんどの場合、実際にトリガラインをCCラインにルーティングしてカメラをトリガーする必要はありません。収集をトリガするように設定すると、ボードはトリガを待機します。トリガを検出すると、カメラファイル(PGセクション)に従って構成されたパターン生成を開始します。
 

たとえば、カメラが特定のトリガモードにあるときにCC1でトリガが必要な場合、カメラファイルのPGセクションは、ボードが画像を必要とするたびに(特定の幅と周期の)パルスを送信するように設定します。これにより、ボードはいずれかのトリガラインでトリガを待機するようになります。
 

場合によっては、トリガの形状が重要です(たとえば、露光時間を制御している場合など)。IMAQボードのパターン生成には、パルスの形状を動的に変更する機能はありません。これらの場合、ドミノ形式で行うのではなく、実際の着信物理信号をカメラに送信します(ボードをトリガすると、画像を送信するカメラがトリガされます)。

この記事はお役に立ちましたか?

いいえ