NI-RIOデバイスドライバ2014 f1リリース通知

更新しました Mar 6, 2019

使用製品

Hardware

  • cRIO-9068
  • cRIO-9067
  • cRIO-9066
  • NI-9149

Driver

  • NI-RIO

問題

  • NI-RIOデバイスドライバ2014年8月版f1がリリースされたというアップデート通知を受け取りました。なぜこのアップデートをダウンロードする必要があるのですか?
  • VIをcRIOに配置しようとしましたが、エラー-63107が発生しました。これは、PC上のNI-RIOとcRIOのバージョンが一致していないことを示します。確認しましたが、同じバージョンです。このメッセージが表示されるのはなぜですか?また、どうすれば修正できますか?

解決策

このアップデートは、NI Linux Real-TimeターゲットのcRIO-9066、cRIO-9067、cRIO-9068、およびNI 9149が影響を受ける問題を解決します。
 

確実にアップデートをデバイスにインストールするには、以下の手順を行います。
 

  1. ホストコンピュータにNI-RIOデバイスドライバ2014年8月版f1を更新サービスを通して、または関連リンクにあるダウンロードページリンクからダウンロードしてインストールします。Measurement and Automation Explorer(MAX)でマイシステムの階層にあるソフトウェアを展開することで、アップデートがインストールされたことを確認できます。アップデートが正常にインストールされると、NI-RIO 14.0.1と表示されます。

     
  2. 影響を受けるコントローラのファームウェアを更新します。現在のコントローラでファームウェアを更新する方法の詳細については、関連リンクにある記事を参照してください。コントローラのシステム設定タブでコントローラのファームウェアがアップデートされたことを確認できます。ファームウェアリビジョンが2.1.0f0以降である必要があります。

     
  3. ターゲット上のソフトウェアを更新します。ターゲットに正しいソフトウェアがインストールされていることを確認するには、MAXでターゲットの階層にあるソフトウェアを展開します。NI CompactRIO 14.0.1と表示されている必要があります。

追加情報

ユーザには見えないFPGAコンポーネントのピンが仕様の範囲外で使用されているハードウェア問題が見つかりました。この問題は、スキャンエンジン、デバイス検出、およびセーフモードのビットファイルに影響しますが、データの整合性や安全性には影響しません。
 

影響を受けるコントローラを使用して以前にデプロイされたアプリケーションがある場合、NI-RIOデバイスドライバ2014年8月f1アップデートをインストールした後で、それらのコントローラのビットファイルを更新することを強くお勧めします。このアップデートは、すべてのユーザビットファイルにコンパイルされるトップレベルVHDLコードを変更することで、影響を受けるコントローラのビットファイル生成処理を修正します。NIは、以前作成したビットファイルの再コンパイルと、使用する各コントローラでソフトウェアのアップデートを実行することを推奨します。影響を受けるコントローラを使用するデプロイ済みのアプリケーションがある場合は、NI-RIOデバイスドライバ 2014年8月版f1をインストールした後に、対象のコントローラでビットファイルをアップデートすることを強く推奨します。
 

NI-RIOの旧バージョンで作成されたビットファイルをデプロイしようとすると、エラー-63107が発生することがあります。アップデートがインストールされていないコントローラにNI-RIOデバイスドライバ2014年8月f1リリースで作成されたビットファイルをデプロイしようとすると、エラー-63034が発生することがあります。このような場合は、ターゲットを使用するシステムで利用可能な最新のNI-RIOバージョンにアップグレードしてください。コントローラ上のソフトウェアをアップデートするまで、影響を受けたコントローラ内のモジュールを検出することはできません。

この記事はお役に立ちましたか?

いいえ