LabVIEW実行可能ファイルまたはインストーラを実行するにはどうすればよいですか?それらの違いは何ですか?

更新しました Jan 10, 2021

使用製品

ソフトウェア

  • LabVIEW
  • LabVIEW Run-Time Engine

問題

  • 他の人からLabVIEW実行可能ファイルを渡されましたが、それらを自分のPCで実行したいと考えています。インストールには何が必要ですか?
  • LabVIEW実行可能ファイルまたはインストーラを実行するには何が必要ですか?
  • インストーラーは実行可能ファイルとどう違うのですか?
  • 実行可能ファイルまたはインストーラを実行するために必要なソフトウェアの費用はいくらですか?

解決策

LabVIEWで開発された実行可能ファイルまたはインストーラを使用するには、エンドユーザーに費用はかかりませんが、実行可能ファイルまたはインストーラを作成するには、LabVIEWの有効なライセンスが必要です。機能の詳細については、以下の関連リンクを参照してください。
  •  実行可能ファイル
    • 実行可能ファイルは、LabVIEW開発ソフトウェアのアプリケーションビルダーを使用してビルドされたスタンドアローンアプリケーションです。実行可能ファイルは他のユーザーに配布できます。通常、LabVIEW実行可能ファイルを実行するには、実行可能ファイルが開発されたLabVIEWバージョンに対応するLabVIEWランタイムエンジンが必要です。例えば、LabVIEW 2016でLabVIEWアプリケーションを作成した場合、LabVIEWランタイムエンジン2016が必要になります。
  • インストーラ
    • インストーラもアプリケーションビルダーを使用して作成されます。通常、実行可能ファイルだけでなく、ランタイムエンジン、ドライバ、ツールキットなどの他の依存関係も含まれます。インストーラーはこれらすべての必要なソフトウェアを配布先のPCにインストールします。必要なソフトウェアがインストーラーに含まれていない場合は、以下の手順に従って必要なコンポーネントを決定する必要があります。
    1. ランタイムエンジン:
      • 実行ファイルの性質に関係なく、LabVIEWランタイムエンジンをターゲットコンピュータにインストールする必要があります。
      • ランタイムエンジンのバージョンは、実行可能ファイルが組み込まれているLabVIEWのバージョンと一致する必要があります。
      • LabVIEWランタイムエンジンの全てのバージョンは、当社のウェブサイト からダウンロードできます。
    2. ドライバ:
      • 実行可能ファイルがハードウェア機能を利用する場合は、必要なドライバをインストールする必要があります。
      • ドライバはドライバダウンロードページよりダウンロード可能です。
    3. ツールキット:
      • 実行可能ファイルの開発に使用されたツールキットがある場合は、同じツールキットをターゲットコンピューターにインストールする必要があります。
      • ツールキットはツールキットダウンロードページよりダウンロード可能です。