NI-DAQmx: アナログ出力のアップデートレートと信号周波数の関係

更新しました Nov 11, 2019

使用製品

Hardware

  • Analog Output Device

問題

NI-DAQmxアナログ出力(AO)タスクでDAQデバイスのAOアップデートレートと信号周波数の関係はどのようになっていますか?

解決策

アナログ出力のアップデートレートは、以下の式で決定できます。

AOアップデートレート = 信号周波数 × (バッファ内のサンプル数 / 波形の周期数)

 

これは、バッファ内のサンプル数/波形の周期数 = 1周期あたりのサンプル数と置き換えることができます。 D/Aコンバータ(DAC)は波形周期ごとにNサンプルを出力する必要があるため、AOアップデートレートは必要な周波数× Nになります。
 

たとえば、生成したい信号周波数を1000 Hz、バッファ内のサンプル数を250、波形の周期数を5と設定する場合、AOアップデートレートは以下のようになります。
 

AOアップデートレート(サンプル/秒)= 1000 Hz ×(250サンプル数 / 5周期) = 50,000(サンプル/秒) = 50 kHz

よって、AOアップデートレートは、50 KHzになります。

 

 

アップデートレートを使用して、信号周波数を求める式は、次のようになります。

信号周波数 = 波形の周期数 × (アップデートレート / バッファ内のサンプル数)


たとえば、アップデートレートを2000 Hz、バッファ内のサンプル数を1000、波形の周期数を1と設定する場合、信号周波数は以下のとおりです。

信号周波数 = 1周期 ×(2000 Hz/1000サンプル) = 2 Hz

よって、信号周波数は、2 Hzになります。
 

この記事はお役に立ちましたか?

いいえ