NIタイミングおよび同期ハードウェアに対する2019年GPS週数ロールオーバーの影響

更新しました May 14, 2019

使用製品

Hardware

  • PXI-6683
  • PXI-6682
  • NI-9467

問題

2019年4月に起こるGPS週数ロールオーバーがあると聞いたことがあります。なぜこのロールオーバーが発生するのですか?

NIタイミングおよび同期デバイス(例: NI PXI-6682、PXI-6682H、PXI-6683、PXI-6683H、またはNI 9467)を介してGPSの時刻同期を使用するようにプログラムされたアプリケーションを使用している場合、ハードウェアまたはアプリケーションのパフォーマンスに影響しますか?

解決策

GPSを使用するナショナルインスツルメンツ(NI)のタイミングおよび同期製品は、2019年4月6日のロールオーバーによる影響を受けません。NIの研究開発部は、GPSをサポートしているハードウェアでテストを実行して、ハードウェアが時間を正しく追跡し続け、ユーザがロールオーバーイベントに特別な手段を取る必要がないことを確認します。


GPS規格は、(a.)現在の週と(b.)現在の週に経過した秒数の両方を送信することによって時間が伝達されることを定義しています。通常、これら2つの値は、人間が判読しやすい形式(例: DD/MM/YYYY HH:MM:SS)で現在の時刻を計算するために使用されます。
現在の週数を格納する際に使用される値は10ビットの2進数です。つまり、2^10 = 1,024週で最大になり、その後、0にロールバックします。1999年8月21日にこのロールオーバーはすでに発生しました。2019年4月6日に2回目となります。


市場にある多くのGPS受信機は、プログラムでロールオーバーを考慮することができるファームウェアが利用されています。NIタイミングおよび同期のハードウェアも、ロールオーバー前後の時間を解釈するためにドライバソフトウェア(NI-Sync、NI-RIO)によってプログラミングできるGPS受信機が搭載されています。


2019年現在、ソフトウェアが提供されている以下の表の製品は、特定の日付まで正しく機能することが保証されています。この日を過ぎると、これらの製品を使い続けるために必要なソフトウェア、ファームウェア、またはその他のアップグレードがあるかもしれません。新しいシステムを設計していて、これらの日付を超えてシステムを稼働させる予定がある場合は、 NIサポートに連絡して設計上の考慮事項についてNIエンジニアとさらに相談することをお勧めします。
 

 
製品動作保証終了日
PXI-66822029年11月24日
PXI-6683(H)2030年5月11日
NI 94672029年1月27日

この記事はお役に立ちましたか?

いいえ