エラー 7: LabVIEWコマンドラインインタフェースでRunVIコマンドを使用するとエラーが発生する

更新しました Jan 28, 2019

使用製品

Software

  • LabVIEW
  • LabVIEW Command Line Interface

問題

LabVIEWコマンドラインインタフェース(CLI)でRunVIコマンドを使用しようとしていますが、以下のエラーが発生します。 なぜこの問題が発生するのですか?
 
Error Code : 7   Error Message : Open VI Reference in RunVI.lvclass:RunOperation.vi:5910001->CoreOperation.lvclass:CallRunOperation.vi:4230002->ExecuteRunOperation.vi:5250001->ExecuteOperation.vi:6900002->ExecuteOperation.vi.ProxyCaller<APPEND>   VI Path: <b>C:\test.vi</b>   An error occurred while running the RunVI operation.     
RunVI operation failed. 

解決策

定義済みコマンドライン操作のヘルプページにあるRunVIコマンドのフォーマットに沿っていることを確認します。そして、以下の点も注意してください。
 
  • 「VIのコマンドライン引数」は文字列配列の入力です。
  • 「VIが返すLabVIEW用CLI終了コード」は、状況に応じて0、2、または3の数値を出力します。どの値を出力するかを選択します。
  • 「LabVIEW用CLIコンソールまたはログファイルに入れる出力またはエラー情報」は文字列の出力です。

この記事はお役に立ちましたか?

いいえ