NIスイッチ製品のリレー使用状況を監視する

更新しました Sep 13, 2019

使用製品

Hardware

  • PXI Relay Module

Software

  • Measurement & Automation Explorer (MAX)
  • LabVIEW

Driver

  • NI-SWITCH

Programming Language

  • C

問題

スイッチデバイスのEEPROMからリレー寿命を取得する方法はありますか?リレーの使用状況を監視したいです。

解決策

MAXの場合

デバイスのEEPROMからリレーカウントを読み取ることで、一部のスイッチモジュールのリレー使用状況を監視できます。特定のリレーのカウントを見つける最も簡単な方法は、Switchソフトフロントパネルを使用することです。Measurement&Automation Explorer(MAX)でNI-Switchモジュールを右クリックして、テストパネルを選択します。



 

リレーカウントにアクセスするには、リレータブを選択するか、ファイル>>リレー管理に移動して目的のリレーを選択します。


 

 

LabVIEWの場合

niSwitch Get Relay Count VIを使用して、リレーがクローズからオープンに変更された回数を取得します。



 

多くの場合、より正確なカウントを確実に取得するために、niSwitch Get Relay Count VIの前にniSwitch Wait for Debounce VIが使用されます。


 

 

C言語の場合

niSwitch_GetRelayCountという関数を使用できます。C関数のプロトタイプは次のとおりです。

ViStatus niSwitch_GetRelayCount (Vi Session vi, ViConstString relayName, ViInt32* relayCount);

追加情報

すべてのスイッチモジュールがこの機能をサポートしているわけではありません。スタート>>すべてのプログラム>>National Instruments>>NI-SWITCH>>Documentation>>NI Switch HelpよりにあるNI SwitchヘルプファイルのRelay Countを参照してください。

このヘルプファイルの項目は、オンラインヘルプページからも参照可能です。

この記事はお役に立ちましたか?

いいえ