大規模ソフトウェアインストール

更新しました Aug 8, 2019

使用製品

Software

  • Volume License Manager

問題

施設内で異なるコンピュータグループにさまざまなNIソフトウェア製品を自動的にインストールするにはどうすればよいですか?

解決策

ソフトウェア構成

LabVIEW、TestStand、LabWindows™/CVI、デバイスドライバ、必要なツールキットなど、ナショナルインスツルメンツ(NI)の全ソフトウェアインストーラを含む共有ネットワークドライブに1つのフォルダを作成することをお勧めします。



 

バッチファイルを作成する

各製品のコピーをネットワーク上に保存すると、バッチファイルを使用してDeveloper Suite CoreなどのNIソフトウェア製品群のインストールを自動化することができます。バッチファイルの先頭から、LabVIEW、TestStand、LabWindows/CVIなどのコアソフトウェアインストーラが起動されます。これらの項目の後には、目的のツールキット、続いてドライバが続きます。
 

メモ: インストール順序は重要です。バッチファイルの各行は、ネットワーク上の場所から1つのソフトウェア製品のインストーラ(setup.exe)を呼び出します。下図は、Developer Suite Coreをインストールするバッチファイルのサンプル、DevSuiteCore.batを示しており、このページにもファイルを添付しています。一連のコンピュータにインストールするには、ソフトウェアのグループごとに個別のバッチファイルを作成する必要があります。コマンドライン引数を使用して、インストール動作を変更します





 

上級機能: 個々のソフトウェア製品インストールをカスタマイズする

specファイルを使用すると、ユーザ操作なしで個々のソフトウェア製品のインストールをカスタマイズすることができます。たとえば、シリアル番号、ユーザ情報、インストールするソフトウェアの個々のコンポーネント、およびインストールディレクトリを指定できます。必要に応じて specファイルを生成することもできます。上記のバッチファイルでは最初の行でLV_85.txtがspecファイルであることが分かります。


 

ソフトウェアライセンスの権限を要求する

ボリュームライセンスマネージャの管理者は、ローカルライセンスファイルの代わりにサーバからライセンスをチェックアウトして、サーバに特定のライセンスに対する権限を要求するようにエンドユーザのコンピュータを構成する必要があります。これは、バッチファイルからも実行できます(上記のバッチファイルでは、最後の2行の部分に記載されています)。NI VLMは、一括ソフトウェアインストール時にアクティブ化と権限を管理するためのソリューションを提供しています。

追加情報

警告: NIインストーラからMSIコンポーネントを個別に起動しないでください。setup.exeから呼び出されるNIインストーラフレームワークは、次の処理を行います。
 

  • 依存関係 - 各MSIコンポーネントは数多くの依存関係を持つことができます。
  • MSIのインストール順序 - MSIの各グループには特定のインストール順序があります。
  • LabVIEWアプリケーションビルダなどのソフトウェア機能の簿記。
  • 同じコンピュータに複数のNIソフトウェア製品がインストールされている場合のMSIインストールの維持。


MSIを個別にインストールすると、WindowsインストールのNIソフトウェアの機能が損なわれる可能性があります。
 

このソフトウェアインストール方法は、インストールプロセスの自動化を目的としています。エンドユーザが個別にソフトウェア製品のインストールを開始する場合、NIは各ソフトウェア製品用のボリュームライセンスインストーラを作成することをお勧めします。

Attachments

この記事はお役に立ちましたか?

いいえ