Multisim シミュレーションエラー: Time Step Too Small

更新しました Nov 20, 2018

使用製品

Software

  • Multisim

問題

Multisimの使用中に、次のエラーが発生しました:

Time Step Too Small Error  

解決策

MultisimでTime Step Too Small Error(時間ステップが小さすぎるエラー)は、非常に一般的なエラーで、さまざまなシミュレーションの問題を表します。

小規模な回路では、このエラーは一般的にコンポーネントの配線や接続ミスに起因するため、この可能性を最初にチェックする必要があります。

配線が回路内で有効になっている場合は、次の手順を行います。
  1. Simulation>>Interactive Simulation Settingsを選択します。
  2. Initial conditionsSet to zeroを選択します。
  3. OKボタンをクリックします。

シミュレーションが動作するかどうかを確認します。動作しない場合は、下記を行います。
  1. Simulation » Interactive Simulation Settingsを選択します。
  2. Set maximum time step (TMAX)を確認します。
  3. Maximum Time Step (TMAX)を選択して、1e-005から1e-003に変更します。
  4. OKボタンをクリックします。

シミュレーションが動作するかどうかを確認します。動作しない場合は、下記を行います。
  1. Simulation » Interactive Simulation Settingsを選択します。
  2. Analysis Optionsタブを選択します。
  3. Use Custom Settingラジオボタンを選択して、Customizeボタンをクリックします。
  4. Globalタブを選択します。
  5. Relative Error Tolerance [RELTOL]ONにして0.01に設定します。
  6. Shunt resistance from analog nodes to ground [RSHUNT]を1e+9に設定します。
  7. Transientタブを選択します。
  8. Integration Method [METHOD]ONにしてGearに設定します。
  9. OKボタンをクリックします。

追加情報

Multisim 10以上では、Convergence Assistantがこのエラーを修正するのに便利です。

この記事はお役に立ちましたか?

いいえ