アーカイブ済:LabVIEW Interface for Arduino エラー5005: Arduinoを見つけることができません

更新しました Nov 23, 2018

ナショナルインスツルメンツは、現在このドキュメントを更新していません。

この内容は旧製品や技術に対応しているため、リンクが切れていたり、OSや関連製品などの情報が最新ではない可能性があります。

使用製品

Software

  • LabVIEW
  • Third Party Add-Ons

その他

  • Arduino
  • LabVIEW Interface for Arduino (LIFA)

問題

アプリケーションを実行すると、LabVIEW Interface for Arduino(LIFA)Toolkitを使用するVIが次のエラーを生成します。

Error 5005 occurred at Unable to find Arduino. Please make sure the Arduino is connected to your system and that the Arduino drivers are installed.

解決策

メモ: LIFAはLINXに置き換えられました。LIFA Toolkitの開発は終了しているため、LINXへの移行を強くお勧めします。詳細については、How To Download Digilent LINX For LabVIEW?を参照してください。


以下の手順がアーカイブされ、最終テストはArduinoバージョン1.0.5を使用して行われました。

エラー5005は、Init.viが自動Arduino検出(VISAリソースがVIに配線されていない)に設定されているが、コンピュータに接続されているArduinoが見つからないことを示しています。このエラーを解決するには、次の手順をおこないます。

 

  1. Arduino VISAリソースとボーレートを配線して、Init.viを自動検出モードを使用しないようにします。Init.viの左上にある端子を右クリックし、作成>>定数を選択します。これにより、VISA定数が作成されます。ドロップダウンメニューからArduinoが接続されているCOMポートを選択します。ArduinoボードにArduino(LIFA)ファームウェアのLabVIEW Interfaceをフラッシュする際、使用する正しいCOMポートがArduino統合開発環境(IDE)に表示されます。VISAリソースの下にある端子を右クリックして、作成>>定数をもう一度選択します。このボックスにArduinoのボーレートを設定します。ほとんどの場合、デフォルトは115200になります。

 

  1. お使いのコンピュータにNI VISAの最新バージョンがインストールされていることを確認します。これは、NI Measurement&Automation Explorer(NI MAX)を開いて確認できます。お使いのコンピュータでNI MAXを検索し、実行ファイルを実行します。左側のツリーでソフトウェアを展開し、そこにNI VISAが表示されていることを確認します。表示されていない場合は、次のリンクに移動トしてVISAを検索し、最新バージョンを NI Driver Downloadsよりダウンロードしてください。

 

  1. ArduinoがWindowsのデバイス マネージャーで表示されているかどうかを確認します。コンピュータのデバイス マネージャーを検索し、実行ファイルを実行します。USBセクションを展開してArduinoがリストされているかどうかを確認します。表示されていない場合は、Arduino用ドライバをインストールする必要があります。これを行う手順については、外部リンク: Getting started w/ Arduino on Windowsを参照してください。
 
  1. 有線接続を使用している場合はすべてのケーブルがしっかりと接続されているか、無線接続を使用している場合は十分な信号強度があることを確認します。デスクトップコンピュータの背面にあるUSBポートは、一般により安定した電源を備えています。デスクトップコンピュータの場合は、これらのポートを試すことをお勧めします。
  2. How Do I Load the LabVIEW Interface for Arduino Firmware Onto My Arduino Unoを参照して、ArduinoボードにLIFAファームウェアをフラッシュします。
  3. LIFA Toolkitを使用するすべてのプログラムは、initコマンドから始まり、closeコマンドで終了する必要があります。できるだけ強制終了ボタンの使用を避けるようにしてください。タスクを中止すると、コードでClose VIを実行する機会がなくなり、次にコードを実行するとArduinoが不明な状態で起動します。これを修正するには、ボードを再起動してLIFAファームウェアを再ロードする必要があります。
  4. Arduinoとの通信を試みている他のプログラムが開いていないことを確認します。たとえば、Arduino IDEを開いている場合、LabVIEWがCOMポートにアクセスしようとすると、リソースがすでに予約されている可能性があります。

追加情報

メモ: LIFAは、LINXに置き換えられました。LIFAのさらなる開発は行われないため、LINXに移行することを強くお勧めします。詳細については、How To Download Digilent LINX For LabVIEW?を参照してください。

LIFAは、LabVIEW用サードパーティ製アドオンです。ナショナルインスツルメンツでは、ni.com/arduinoディスカッションフォーラムを通じてサポートしています。このフォーラムは、Arduino/LabVIEWユーザによって絶えずやりとりされています。ドキュメントやサンプルプログラムを見つけたり、知識を共有することもできます。

この記事はお役に立ちましたか?

いいえ