LabVIEWでテキストファイルまたはバイナリファイルに追加する方法は?

更新しました Feb 14, 2019

使用製品

Software

  • LabVIEW

問題

ファイルを開く/作成/置換関数を使用してファイルを開いています。ファイルに複数回書き込むと、ファイルに保存されているデータは、各書き込みごとに新しいデータで上書きされます。各ファイルの書き込み時、ファイルの末尾にデータを追加するにはどうすればよいですか?

解決策

関数パレットのプログラミング>>ファイルI/O>>上級ファイル関数にあるファイル位置を設定関数を使用します。
 

  1. このVIの基点(0:start)列挙体入力をendに設定します。
  2. ファイル位置を設定関数refnum出力からファイルに書き込む関数のファイル入力に接続します。これにより、新しいデータがファイルの最後に追加されます。


下図は、文字列値をテキストファイルに追加する例を示しています。

 

追加情報

この例では、文字列入力に行の終わりとして改行定数を連結して、ファイルに書き込まれたすべての値に対して新しい行を作成します。この定数は、ファイルに書き込み関数に配列タイプを入力する場合、自動的にその値に配列タイプを追加するため、必要ありません。

メモ: この画像は、プロジェクトで再利用できるLabVIEWコードを含むLabVIEWスニペットです。スニペットを使用するには、画像を右クリックしてコンピュータに保存し、ファイルをLabVIEWダイアグラムにドラッグします。

この記事はお役に立ちましたか?

いいえ