リアルタイムターゲットで複数のVIを実行する

更新しました Jun 26, 2019

使用製品

Software

  • LabVIEW
  • LabVIEW Real-Time Module

Operating System

  • NI Linux Real-Time
  • PharLap
  • VxWorks

問題

複数のVIを同時に実行したいリアルタイムターゲットがありますが、複数のスタートアップ実行ファイルを実行することはできません。 リアルタイムターゲットで複数のVIを実行するにはどうすればよいですか?

解決策

LabVIEWでは、インタラクティブなフロントパネルでの操作により、リアルタイムターゲット上で複数のVIを同時に実行することができます。これは、ユーザがプロジェクトからリアルタイムVIを開き、実行ボタンを押すことで実行されます。

ただし実行ファイルの場合、特定の時点でターゲット上で実行できるのは1つだけです。リアルタイムターゲット上で複数のVIを実行ファイル形式で同時に実行するには、主に2つの方法があります。



 

1. VIサーバAPIで呼び出す

スタートアップターゲットでVIサーバAPIを使用して、リアルタイムターゲットにある2番目(または3番目、4番目など)のVIを実行できます。これを行うには、手動でリアルタイムターゲットにFTP転送するか、スタートアップ実行ファイルに含めることによって、2番目のVIをリアルタイムターゲットにコピーする必要があります。以下に示すように、リアルタイムアプリケーションプロパティのソースファイルカテゴリで常に含むセクションに移動することで、スタートアップ実行ファイルに2番目のVIを含めることができます。




 

次に、下図のように、ソースファイル設定カテゴリで2番目のVIを実行ファイルのサポートディレクトリに含めます。これにより、2番目のVIが実行ファイルに関連付けられているデータフォルダに配置されます。




 

スタートアップ実行ファイルでは、VIサーバAPIを使用して、次のコード例のように2番目のVIを参照して実行できます。



 

 

 

2. スタートアップ実行ファイルに複数VIを含める

スタートアップ実行ファイルに複数のVIを含めることで、リアルタイムターゲットで複数のVIを同時に実行することもできます。これは、以下に示すように必要なVIをリアルタイムアプリケーションプロパティのソースファイルカテゴリでスタートアップVIセクションに移動します。



 
 

.次に、両方のVIを同時に実行するために通常の方法でスタートアップ実行ファイルをビルドしてデプロイします。

この記事はお役に立ちましたか?

いいえ