フレームグラバでPoC(Power over Camera Link)を有効にするには?

更新しました Jul 20, 2019

使用製品

Hardware

  • PCIe-1433
  • PXIe-1435
  • PCIe-1473

問題

パワーオーバーカメラリンク(PoCL: Power over Camera Link)規格は、PoCL対応のカメラリンクケーブルによるPoCL接続を介してカメラに電力を供給します。これによって、カメラ用電源を別途提供する必要がなくなります。この規格をサポートしているナショナルインスツルメンツ(NI)のCamera Link対応フレームグラバはどの製品ですか?また、有効にするにはどうすればよいですか?

解決策

下記の高性能Camera Linkフレームグラバは、PoCLをサポートしています。
 

  • PCIe-1433
  • PXIe-1435
  • PCIe-1473R(デフォルトでPoCLが有効)


カメラのPoCL互換性は、ベンダーから提供されるカメラのユーザマニュアルに記載されています。カメラでPoCLを有効にするには、カメラファイル (.icd) のフレームグラバセッション内に次のコードを追加します。
 

EnablePoCL(Yes)


この設定により、フレームグラバがPoCL対応カメラに電源を供給することができます。上記の設定を必要としないフレームグラバはPCIe-1473Rです。このフレームグラバはデフォルトでPoCLが有効になっています。

追加情報

ナショナルインスツルメンツのフレームグラバは、PoCLラインに電力を供給する前に、ハードウェアがPoCLケーブルまたはカメラが接続されているかどうかを検出できるSafePowerと呼ばれる機能を実装しています。これにより、PoCLを必要としないハードウェアの損傷を防ぐことができます。デフォルトでは、PoCLが明示的に有効になっていない限り、SafePowerはフレームグラバがカメラに電力を供給するのを防ぎます。

この記事はお役に立ちましたか?

いいえ