NI VLMの一括ソフトウェアインストール時にアクティブ化と権限を管理する

更新しました Jul 10, 2019

使用製品

Software

  • Volume License Manager

問題

  • NI Volume License Manager(VLM)サーバからライセンスをチェックアウトするようにNIソフトウェアをインストールし、クライアントコンピュータを設定するプロセスを自動化するにはどうすればよいですか?
     
  • ソフトウェアライセンスのアクティブ化を自動化する方法はありますか?

解決策

NI VLMを使用して、まず製品ごとに個別のボリュームライセンスインストーラを作成します。以下の手順で、これらのボリュームライセンスインストーラをサイレントモードで起動します。さらに、クライアントはそれらを使用して個々の製品を手動でインストールすることができます。


次に、各クライアントグループに対して、それぞれ一連のソフトウェア製品をインストールする1つ以上のバッチファイルを作成します。大規模ソフトウェアインストールの記事と同様に、このバッチファイルを作成します。
 

  • 非管理ボリュームライセンスの場合、ボリュームライセンスインストーラがクライアントコンピュータをライセンスサーバに接続するように設定している限り、それ以上のライセンス認証は必要ありません。詳細については、Create a Volume License Installer in NI Volume License Manager (VLM)を参照してください。

     
  • 管理ボリュームライセンスの場合、クライアントコンピュータでは許可を要求する必要があり、ホストはNI Volume License Managerで設定を構成する必要があります。


ライセンス認証が必要なソフトウェアの場合は、元のインストーラの代わりにボリュームライセンスインストーラを起動してください。ボリュームライセンスインストーラであるsetup.exeからの相対パスを指定する限り、specファイル(specファイルはサイレントインストールのインストーラ設定を指定するために使用されます)を任意の場所に配置できます。specファイルの詳細については、スイートインストーラのインストールをカスタマイズおよび自動化する を参照してください。



 

NI VLMでユーザ/コンピュータ情報を復元する 

ボリュームライセンスインストーラをサイレントモードで実行すると、NI VLMに保存されているユーザ/コンピュータ情報が空白のフィールドで上書きされます。そのため、ユーザが自分の情報を入力してNI VLMサーバに送信できるように、ボリュームライセンスインストーラーダイアログを起動する必要があります。同時に、NI VLMに追加の許可申請を送信することは望ましくありません。
 

次に、作成したクライアントフォルダをNIインストーラネットワークの場所に貼り付けます。バッチファイル内の各ソフトウェアインストーラを起動した後、次に示すようにvlmclient.exeを呼び出します(この例のバッチファイルの内容は、この記事にテキストファイルとして添付されています)。


 

バッチファイルの実行がvlmclient.exeに達すると、以下に示すボリュームライセンス構成ダイアログが表示され、ユーザが自分の情報を入力するまで表示され続けます。


ダイアログに情報が入力されていない場合は、NI VLMで以前にユーザとコンピュータに関連付けられていた所有者情報が消去されます(ユーザとコンピュータに関連付けられているライセンス権限は消去されません)。そのため、このインストールプロセスの前にユーザへ通知することをお勧めします。プロンプトが表示されたら情報を入力するようにして、後に続く再起動(バッチファイルの最後にあるshutdown -rに注意してください)の警告ダイアログを表示します。

Attachments

この記事はお役に立ちましたか?

いいえ