XNET、CANopen、またはDeviceNetモジュールを検出できない

更新しました Jul 4, 2019

使用製品

Hardware

  • NI-9860
  • NI-9861
  • NI-9862
  • NI-9866
  • NI-9881
  • NI-9882

Driver

  • NI-XNET
  • NI-Industrial Communications for CANopen
  • NI-Industrial Communications for DeviceNet

問題

CompactRIOまたはシングルボードRIOには、NI 986x(XNETモジュール)、NI 9881(CANopenモジュール)、またはNI 9882(DeviceNetモジュール)が表示されません。なぜ表示されないのですか?この問題を解決するにはどうすればよいですか?

解決策

必要なシャーシの互換性は、使用しているモジュールによって異なります。使用しようとしているモジュールに基づいて、以下の関連リンクに記載されているドキュメントのサポートされているハードウェアセクションに、デバイスが表示されていることを確認してください。

LabVIEWのバージョンおよび使用しているRIOハードウェアの種類に応じて、この問題にはさまざまな解決策があります。それぞれに必要な手順は以下のとおりです。

 

CompactRIO 15.0およびLabVIEW 2015以降:

FPGAコードを作成した場合は、FPGAインタフェースモードを使用します。それ以外の場合は、シャーシをスキャンインタフェースモードにすることで、モジュールが検出します。

 


CompactRIO 14.5およびLabVIEW 2014 SP1以前:

cRIO-903xまたはcRIO-906xを使用する場合:

FPGA.プロジェクトでモジュールを検出するには、FPGAコードを作成してシャーシをFPGAインターフェイスモードで実行するか、FPGA用の空白のビットファイルをコンパイルする必要があります。

プロジェクトにスキャンインタフェースモードを使用したい場合は、モジュールが自動的に追加されることはありません。対象のモジュールを使用できるようにするには、プロジェクトに手動で追加する必要があります。

 

cRIO-908x、cRIO-911x、sbRIO-960x、またはsbRIO-962xを使用する:

FPGAコードを作成したことがある場合は、FPGAインタフェースモードを使用します。それ以外の場合は、シャーシをスキャンインターフェイスモードにしておくと、モジュールが検出します。

追加情報

NI-XNET、DeviceNet、およびCANOpenモジュールは、cRIO-907xシリーズではサポートされていません。

この記事はお役に立ちましたか?

いいえ