エラー 7: ファイルパスを参照するVIを使用しようとするとエラーが発生する

更新しました Jun 12, 2019

使用製品

Software

  • LabVIEW

問題

ファイルパスを参照しているVIを使用しようとすると、エラー7が発生します。

エラーコード7が「VI名」のファイルを開く/作成/置換で発生

考えられる理由:
LabVIEW: ファイルが見つかりません。ファイルは別の場所にあるか、削除された可能性があります。コマンドプロンプトかファイルエクプローラを使用して、パスが正しいことを確認してください。

 

解決策

このエラーは、指定されたパスが存在しない場合に発生します。このファイルではパスは作成されません。たとえば、指定されたパスがC:\Data\Today\Document1.xlsで、C:\DataTodayフォルダがない場合、このエラーメッセージが表示されます。これを修正するには、適切なディレクトリを手動で作成します。


この問題を解決するには、次の方法があります。
  • オペレーティングシステムのファイルエクスプローラを使用して、適切なディレクトリを手動で作成します。
  • LabVIEWプログラム内で指定されたディレクトリを有効なディレクトリに変更します。

 

追加情報

フォルダが見つからない場合は、 以下に示すようにプログラム的にフォルダを作成することもできます。この例は、NI Developer Communityにサンプルプログラムとしても掲載されており、関連リンクのセクションにリンクがあります。
 


メモ: このエラーは、ファイルから文字を読み取るVIに限らず、ファイルパス入力を必要があるさまざまなファイルI/O VIまたはその他の関数で発生する可能性があります。

この記事はお役に立ちましたか?

いいえ