E、M、およびXシリーズDAQデバイスの内部ループバックテスト

更新しました Jun 26, 2019

使用製品

Hardware

  • PCI-6222
  • PCI-6233
  • PCI-6280
  • PCI-6224
  • PCI-6221
  • PCI-6225
  • PCI-6229
  • PCI-6255
  • PCI-6133
  • PXI-6133
  • PXI-6723
  • PCI-6723
  • PCI-6010
  • PCI-6110/6111
  • PCI-6110
  • PCI-6111
  • PCI-6115
  • PCI-6120
  • PXI-6120
  • PXI-6122
  • PCI-6123
  • PXI-6132
  • PXI-6143
  • PCI-6154
  • PCIe-6320
  • PXIe-6320
  • PCIe-6323
  • PXIe-6323
  • PXIe-6343
  • PCIe-6343
  • PCIe-6341
  • PXIe-6341
  • PCIe-6351
  • PXIe-6351
  • USB-6353
  • PCIe-6353
  • PXIe-6353
  • PCIe-6361
  • PXIe-6361
  • PXIe-6363
  • PCIe-6363
  • USB-6363

Software

  • LabVIEW
  • Measurement & Automation Explorer (MAX)
  • LabVIEW Base
  • LabVIEW Professional
  • LabVIEW Full

Driver

  • NI-DAQmx

問題

Eシリーズ、Mシリーズ、またはXシリーズデータ収集(DAQ)デバイスの入力と出力が内部ラインを使用して期待値であるかどうかを確認するにはどうすればよいですか?

解決策

Measurement&Automation Explorerのテストパネルで既知の電圧出力を作成し、以下に示すように対応する入力値を読み取ります。

構成ツリーからNI-DAQmxデバイスを展開します。デバイスを選択して、ツールバーのテストパネルをクリックします。




 

デバイスのテストパネルから、アナログ出力タブをクリックします。チャンネル名で、デバイスでサポートされているアナログ出力チャンネルを選択し、出力値を入力して、更新をクリックします。




 

テストパネルウィンドウを閉じずに、アナログ入力を選択します。チャンネル名で、同じアナログ出力チャンネルとそれに対応するグランドを選択します。開始をクリックすると、波形チャートはアナログ出力タブから入力された値で更新を開始します。


追加情報

より高度なループバックテストが必要な場合は、下図に示すように、LabVIEWでこれらの内部チャンネルを使用することもできます。



 

このチャンネルを見るためには、この制御器または定数のI/O名フィルタ設定を変更する必要があります。

この記事はお役に立ちましたか?

いいえ