カンマまたはピリオドを小数点として使用して浮動小数点数を文字列に変換する

更新しました Nov 20, 2018

使用製品

Software

  • LabVIEW

問題

多くの国の人々が使用するアプリケーションを作成しており、浮動小数点数値を文字列に変換する際には一貫した動作が必要です。たとえば、言語がドイツ語に設定されているシステムにおいて、小数点はピリオドの代わりにカンマが使用されています。文字列に変換する数値がありますが、ユーザのOS言語に関係なく、小数点として常にカンマ、またはピリオドを使用する文字列にしたいです。これを行うにはどうすれば良いですか?

解決策

オプション 1
これは、LabVIEWの文字列にフォーマット関数を使用して行うことができます。
  1. 関数をダブルクリックして、形式文字列の編集ダイアログボックスを表示します。
  2. 選択した処理メニューリングから10進小数点文字を指定を選択します。
  3. 小数点(カンマまたはピリオド)を選択し、新しい処理の追加をクリックします。
  4. 選択された処理メニューリングから小数表記にフォーマットを選択します。
  5. 完了したらOKボタンをクリックします。


オプション2
形式文字列端子で文字列定数を作成し、%,;%fを入力してカンマに設定する、または%.;%fを入力してピリオドに設定することもできます。これにより、ダイアログボックスの編集と同じ機能が実現し、結果が小数を含む文字列になります。
 

この記事はお役に立ちましたか?

いいえ