コンピュータ間でカスタムLabVIEWパレットを転送する

更新しました Nov 27, 2020

使用製品

ソフトウェア

  • LabVIEW

問題

  • LabVIEW関数パレットでVIのグループを作成して、後でカスタムツールセットとして他のLabVIEWユーザーに簡単に配布できるようにするにはどうすればよいですか?
  • LabVIEWでカスタムサブパレットを作成するにはどうすればよいですか?
  • カスタムLabVIEWパレット用の.mnuファイルを作成するにはどうすればよいですか?

解決策

サブパレットを作成するには、パレットのすべてのカスタムVIを新しいフォルダーに整理する必要があります。このフォルダは<LabVIEW> \ vi.libにあります。

次に、.mnuを作成します 配布するパレットに関するすべての情報を含むファイル。 .mnuファイルを作成するには、LabVIEWを開いてパレットセットを編集する必要があります。
  1. [ツール] >> [詳細設定] >> [パレットセットの編集...]に移動します。
  2. 関数パレットで、サブパレットを追加する空のスペースを右クリックします。
  3. [挿入] >> [サブパレット]を選択します。
  4. [新しいパレットファイル(.mnu)を作成する]を選択します
  5. .mnuファイルに名前を付けて保存します。後で必要になるため、ファイルを保存する場所をメモしておきます。
  6. サブパレットに名前を付けて、[ OK ]を押します。
  7. 新しいサブパレットのアイコンを右クリックします。 [挿入] >> [VI(s)...]を選択します。
  8. vi.libのフォルダーを参照して、カスタムVIを追加します。
  9. パレットセットへの変更を保存します。
パレットを受け取るコンピューター:
  1. カスタムVIを含むフォルダを<LabVIEW> \ vi.libに配置します。
  2. .mnuファイルを<LabVIEW> \ menus \ Categoriesディレクトリに配置します。
例として、.mnuファイルを<LabVIEW> \ menus \ Categorys \ Programmingに配置すると、パレットがプログラミングパレットに表示されます。

追加情報

<LabVIEW> \ vi.libディレクトリは、ファイル階層のベストプラクティスに準拠しているため、VIライブラリに推奨されるディレクトリです。ベストプラクティスの詳細については、VIベースのAPIの開発を参照してください。
新規および既存の.mnuファイルを使用してサブパレット作成する方法のステップバイステップチュートリアルについては、LabVIEWパレットの作成を参照してください。