エラー 5、7、または8: LabVIEWでファイルを削除関数を使用するとエラーが発生する

更新しました Jan 28, 2019

使用製品

Software

  • LabVIEW

問題

ファイルを閉じて正しく削除していると思います。LabVIEWが次のようなエラーを表示するのはなぜですか?

エラー 8: ファイル許可エラーです。ファイルに対して正しい許可がありません。


 

エラー 7: ファイルが見つかりません。ファイルは別の場所にあるか、削除された可能性があります。コマンドプロンプトかファイルエクスプローラを使用して、パスが正しいことを確認してください。


 

エラー 5: ファイルはすでに開いています。

解決策

通常、ファイルに対する直前の操作結果で削除しようとしているファイルのリファレンスをまだ開いている場合、ファイルに対して削除関数を使用するとこれらのエラーが表示されます。

最も一般的なケースの例:
 
2番目のファイルを開く/作成/置換関数は元のファイルを上書きしますが、最初のファイルを開く/作成/置換関数によって生成されたrefnumは、ファイルに対する操作にはまだ有効です(たとえば、次のコマンドを使用してファイルに上書きが可能です)。最初のRefnumは、そのオリジナルに対する現在のファイル位置さえ保持します。ファイルに対して開いているリファレンス(refnum)をすべて閉じるまで、そのファイルを削除することはできません。

正しい実装例:

この記事はお役に立ちましたか?

いいえ