NI-DAQmxでNI 66xxデバイスのデジタルデバウンスフィルタを有効にする

更新しました Nov 6, 2019

使用製品

ハードウェア

  • PCI-6602
  • PXI-6602
  • PCI-6601
  • PXI-6624
  • PCI-6624
  • PXI-6608

ソフトウェア

  • LabVIEW Full
  • LabVIEW Base
  • LabVIEW Professional

運転者

  • NI-DAQmx

プログラミング言語

  • C

問題

NI-DAQmxでNI 66xxまたはMシリーズデバイスのデジタルフィルタを有効にするにはどうすればよいですか?

解決策

次の方法を使用して、デジタルフィルタを有効にします。

 

 

LabVIEWの場合

下図に示すように、DAQmxチャンネルプロパティノードを使用してデジタルフィルタを有効にし、カウンタ入力タスクにその値を設定する必要があります。プログラム的に設定を使用している場合、DAQmxチャンネルプロパティノードを使用して、フィルタクロックのソースとレートを設定する必要があります。

カウンタ入力にデジタルフィルタ有効プロパティを使用するには、DAQmxチャンネルプロパティノードからカウンタ入力>>周波数>>デジタルフィルタ>>有効を選択します。フィルタレートを設定するには、カウンタ入力>>周波数>>デジタルフィルタ>>最小パルス幅を選択します。カウンタ出力には、同様のパスを使用します。以下に示すVIスニペットでは、測定タイプは周波数です。


 
 

 

ANSI Cの場合

NI-DAQmx C APIには、カウンタ入力タスクのタイプに応じてデジタルフィルタを有効にするように設定できるプロパティがあります。たとえば、カウンタ入力周波数タスクのデジタルフィルタを有効にするには、DAQmxSetCIFreqDigFltrEnableを使用してフィルタを有効にし、DAQmxSetCIFreqDigFltrMinPulseWidthを使用して最小パルス幅を設定します。同じタイプのタスクでプログラム可能なフィルタ設定を使用するには、DAQmxSetCIFreqDigFltrTimebaseSrcを使用してフィルタクロックのソースを設定し、DAQmxSetCIFreqDigFltrTimebaseRateを使用してそのレートを指定する必要があります。

 

 

メモ: 

  • デジタルフィルタを有効にする場合、フィルタのサポートされている値を選択する必要があります。サポートされる値には、100 ns、500 ns、1 µs、5 µs、および外部フィルタクロックに基づくプログラム可能な設定が含まれます。異なるカウンタ入力に異なるカスタムフィルタ値を設定することはできません。
     
  • プログラム的に設定をしている場合は、フィルタクロックのソースとレートを設定する必要があります。Mシリーズデバイスは、125 ns、6.425 us、および2.56 msのフィルタ値をサポートします。詳細については、以下にリンクされている製品マニュアルを参照してください。

追加情報

  • NI TIOデバイスには、プログラマブル関数入力(PFI)ラインで有効にできるデジタルデバウンスフィルタがあります。 各デバイスのフィルタ設定に関する情報は、デバイスのユーザマニュアルの「デジタルフィルタ」セクションに記載されています。また、NI-DAQmxヘルプファイルの「TIOベースのデバイスのデジタルフィルタリングに関する考慮事項」および「CシリーズおよびMシリーズデバイスのデジタルフィルタリングに関する考慮事項」セクションのにも記載されています。Windowsでは、このヘルプファイルはNI-DAQmxとともにインストールされ、スタート>>プログラム>>National Instruments>>NI-DAQから参照可能です。
     
  • ANSI C関数の使用方法の詳細については、スタート>>プログラム>>National Instruments>>NI-DAQからNI-DAQmx C Reference Helpを参照してください。