LabVIEWとSignalExpressで2つのチャンネル間の位相の不一致を判別する

更新しました Nov 22, 2018

使用製品

Software

  • LabVIEW Full
  • LabVIEW Professional
  • SignalExpress
  • LabVIEW Electrical Power Toolkit Full

問題

2つの同期したアナログ入力チャンネルがあり、あるチャンネルから別のチャンネルへの位相シフトを確認したいです。LabVIEWやSignalExpressで位相差や不一致を簡単に判別する方法はありますか?

解決策

LabVIEWでの実装

LabVIEW開発システムおよびプロフェッショナル開発システムで使用可能なVIを使用して、位相不一致の測定を実行できます。

2つの正弦波間の位相シフトを見つけるには、シングルトーン情報抽出VIを使用します。図1に示すように、2つの差をとって位相シフトを計算します。
 

図1. 2つの正弦波の位相差を計算するLabVIEWコード
 

2つの矩形波間の位相シフトを見つけるには、パルス計測VIを使用します。このVIは、各波形のパルス中心とパルス幅を決定します。この情報が得られたら、図2に示すように、2つの波形間の位相シフトを計算することができます。
 

図2. 2つの矩形波の位相差を計算するLabVIEWコード

LabVIEWを使用して位相差を計算するもう1つの方法は、電力測定パレットのPhasor VIを使用することです。


 

 

SignalExpressでの実装

SignalExpressでは、各チャンネルの位相値を決定するトーン抽出ステップを作成します。図3のように、2つの位相を減算するためのステップを追加します(SignalExpressトーン抽出ステップは、LabVIEWで使用可能なシングルトーン情報抽出VIを使用して作成します)。
 


図3. 信号位相差を決定するために必要なExpressステップ
 

図4に示すように、ステップを構成する必要があります。
 

図4. 位相差を計算するための式ステップを構成する

この記事はお役に立ちましたか?

いいえ