強度グラフまたはチャートの色を変更する

更新しました Nov 21, 2018

使用製品

Software

  • LabVIEW Professional

問題

強度チャート/グラフのデフォルト補間カラーは、黒から青までです。どのすればこの色を変更できますか?

解決策

強度チャート/グラフの色を変更する方法は2つあります。ブロックダイアグラムでプロパティノードを使用してプログラム的に実行するか、フロントパネルでマーカの色を手動で変更することができます。

 

プロパティノードによる方法 (プログラム的)

 

  1. フロントパネルに強度チャートまたは強度グラフを配置します。
  2. ブロックダイアグラムで、グラフ端子を右クリックし、作成>>プロパティノード>>Zスケール>>マーカ値[]を選択して、チャート/グラフのZScale.MarkerVals[]というプロパティノードを作成します。
  3. プロパティノードを右クリックし、すべてを書き込みに変更を選択します。
  4. プロパティノードの入力を右クリックし、作成>>定数を選択します。
  5. フロントパネルにある各マーカには間隔があるため、配列サイズを変更します。新しい強度チャート/グラフには、デフォルトで3つのマーカ(0、50、100)があります。マーカを追加すると、追加の色基準点が追加されます。
  1. 作成した配列定数で、上部のボックスに各マーカのマーカ番号を入力します。
  1. 下部の数値定数ボックスを右クリックし、置換>>プログラミング>>ダイアログ&ユーザインタフェース>>カラーボックス定数を選択します。(メモ: LabVIEW 7.1以前では、下部の数値定数ボックスを右クリックし、置換>>すべての関数>>数値>>追加の数値定数>>カラーボックス定数を選択します)。
  2. 各カラーボックスをクリックして、そのマーカ番号の色を変更します。
 

マーカカラーによる方法 (非プログラム的)

 
  1. フロントパネルに強度チャートまたは強度グラフを配置します。
  2. マーカを右クリックし、マーカカラーを選択して色を選択します。
    (メモ: マーカまたは数値を右クリックする必要があります。このオプションはカラーランプ自体では使用できません)。

 
  1. 追加の色基準点を追加するには、カラーランプを右クリックしてマーカを追加を選択します。前の手順で説明したように、新しいマーカの色を変更できます。

この記事はお役に立ちましたか?

いいえ