LabVIEW FPGAで配列制御器のサイズを設定する

更新しました Nov 19, 2019

使用製品

ソフトウェア

  • LabVIEW FPGA Module

問題

FPGA VIのフロントパネルに配列制御器または表示器があります。LabVIEW FPGAでは、配列制御器を事前に決められた固定サイズにするか、コンパイラで固定サイズに解決する必要があります。VIをコンパイルできるようにサイズを設定するにはどうすればよいですか?

解決策

FPGA VIで、配列制御器、定数、または表示器を作成します。

指標表示または配列の境界線を右クリックして、サイズを設定...を選択します。次のダイアログボックスが表示されます。


 

次の2つのオプションがあります。
 

  • 可変: これはデフォルトの動作です。 ユーザは自由に要素を追加および削除できます。
  • 固定: 配列は常に同じ長さになるため、ユーザは配列要素を追加または削除できません。


配列表示器の場合も同じオプションを使用でき、上記のチェックボックスを使用して、デフォルトのソースワイヤへの適応動作を使用するか、上記の動作のいずれかを選択します。

追加情報

配列は事前に割り当てられた配列を必要とし、動的メモリ割り当てをサポートしないため、FPGAで指定された次元に関して常に定義されます。FPGA VIは、コンパイル時に固定サイズに解決された1次元配列のみをサポートします。これをより厳密にするために、FPGAターゲットの配列サイズを制限できます。