LabVIEWでの波形グラフの複数カーソル座標

更新しました Jun 23, 2019

使用製品

Software

  • LabVIEW Full
  • LabVIEW Professional

問題

LabVIEWでは複数のカーソルを設定できますが、複数の移動させているカーソル座標をとる方法はありますか。

解決策

波形グラフはそれぞれのカーソルの情報を「カーソルリスト」と呼ばれるクラスタとして表しています。このクラスタは読み取り、書き込みすることが出来る Position.X と Position.Y と呼ばれる要素を含んでいます。クラスタの座標をカーソルの位置から読み取り、オフセットの定数を含め他のカーソルの座標として書き込むことが出来ます。こちらの方法は、以下の例で使用されています。 

例:シングルプロットカーソル



 
この例では他のイベントケースはタイムアウトケースのみです。タイムアウトケースでは、Whileループの条件端子に接続された停止ボタンが配置されています。

例:フリーカーソル

 
この例では他のイベントケースはタイムアウトケースのみです。タイムアウトケースでは、Whileループの条件端子に接続された停止ボタンが配置されています。

もう一つの方法としてカーソルのインデックスプロパティの値を参照し、他のカーソルの値を書き込む方法があります。こちらの方法は、以下の例で使用されています。

例:デュアルプロットカーソル

 
これはマルチプロットのカーソルを用いたミックスドシグナルグラフでも出来ます。マルチプロットのカーソルに関しての詳細はこちらでご確認ください。

この記事はお役に立ちましたか?

いいえ