シリアル同期インタフェース(SSI)とは何ですか?

更新しました Nov 18, 2018

使用製品

Driver

  • NI-DAQmx

問題

シリアル同期インターフェイス(SSI)プロトコルを使用するデバイス/通信バスがありますが、これはどういう意味ですか、このプロトコルはどのように動作しますか?

解決策

SSI(Serial Synchronous Interface)は、絶対位置センサとコントローラとの間で広く使用されているシリアルインタフェースです。SSIは、コントローラからのクロックパルス列を使用して、センサからのゲート出力を開始します。

位置データは、センサによって絶えず更新され、シフトレジスタに入れられます。各クロックパルス列の間には、25マイクロ秒の最小滞留時間があり、その間に新しいデータがレジスタに移動されます。センサがコントローラからパルス列を受信すると、データがシフトアウトされます。最下位ビット(LSB)がHIGHになり、最小滞留時間が経過すると、新しいデータが読み出せます。標準的なSSIブロック図、タイミング図、およびデータセット間の25マイクロ秒滞留時間を示すタイミング図の例は、下の図を参照してください。
 
SSI Block Diagram


SSI Timing Diagram


SSI Timing for Sequential Measurements

追加情報

この名前にもかかわらず、SSIには同期モードと非同期モードがあります。
  • 同期モード: 制御システムからの同期パルスがセンサの測定時間を開始し、次の同期パルスが生成される前に測定結果が利用可能になります。同期パルスは、滞留時間後のクロック列において最初のHighからLowへの遷移です。
  • 非同期モード: SSIは、最速の内部尋問レート(長さに依存)で測定を行い、要求に応じて情報を提供します。
SSIでは、ケーブル長に応じてサポートされているボーレートも異なります。
 
ケーブル長 (ft.)<100<200<400<400
ボーレート*<400 kHz<300 kHz<200 kHz<100 kHz
*最大ボーレート = 1.5 MBaud

この記事はお役に立ちましたか?

いいえ