異なるWindowsバージョンで実行ファイルまたはインストーラを実行する

更新しました Oct 11, 2019

使用製品

Software

  • LabVIEW Application Builder Module
  • LabVIEW
  • LabWindows/CVI

Operating System

  • Windows
  • Linux
  • Mac OS X

問題

Windowsコンピュータ(PC)で作成された実行ファイルまたはインストーラを異なるバージョンのオペレーティングシステム(OS)で実行したいです。その場合、何か問題が発生しますか?
 

例:

  • Windows 7 PCでLabVIEW 2014を使用してアプリケーションのインストーラを作成しました。このインストーラを使用して、Windows 10 PCにアプリケーションをインストールできるかどうかを知りたいです。
     
  • Windows 7 PCのLabVIEW 2014で、アプリケーション用のEXEファイルを作成しました。Winodws XP、Windows 7、Windows 8、Windows 10を実行するPCにそのEXEを配布したいです。
     
  • Windows XP PCのLabWindows/CVIでアプリケーション用のEXEファイルを作成しました。Windows 7を搭載したターゲットPCでその実行ファイルを実行したいです。
     
  • 開発マシンであるWindows 7で、LabVIEWアプリケーションのインストーラを作成しました。WindowsXPなどの古いバージョンのWindowsに移動すると、次のエラーが表示されます。
    インストールにはWindows 7 SP1以降が必要です。
     
  • Windows 7 PCでLabVIEW 2015を使用してアプリケーションのインストーラを作成しました。同じインストーラを使用してWindows 10 PCにアプリケーションをインストールすると、次のような矢印が表示されます。
    このVIは実行可能ではありません。エラーを修正するには、LabVIEWのフル開発バージョンが必要です。

解決策

インストーラと実行ファイルは、ビルドされたOSでのみ動作することが保証されています。たとえば、Windows 7インストーラまたは実行ファイルは、異なるWindowsバージョン(Windows XP、Windows 8、Windows 10)で期待どおりに動作しない場合があります。また、.NETフレームワークを使用してコードを開発している場合は、開発用PCと配布先PC(ターゲットマシン)で同じバージョンの.NETを使用する必要があります。
 

LabVIEWで特定の.NETバージョンを強制的に使用する必要がある場合は、LabVIEWで特定の.NET Frameworkバージョンを使用するには?を参照してください。
 

代替案:

  • 実行ファイルまたはインストーラのビルドに使用するPCのOSバージョンとビット数に一致する仮想マシンをセットアップします。
     
  • Windows互換モード(外部リンク)を使用してアプリケーションを実行します。これは、信頼できる解決策として知られていません。Windowsのバージョンによって手順が異なるため、特定のWindowsバージョンで互換モードを実行する手順を調べる必要があります。
     
  • 配布先PCのOSバージョンとビット数に一致するコンピュータで実行ファイル/インストーラーを再ビルドします。

追加情報

作成したVIは、バージョンがVIと互換性がある限り(通常は同じバージョン以降である必要があります)、異なるOSを搭載するコンピューター上のLabVIEW開発システムで開いて実行できます。LabVIEWのビット数(32ビット、または64ビット)は一致する必要はありません。コードは、VIが実行されるまでコンパイルされないためです。ただし、関連するすべてのOSとLabVIEW開発システムは、特定のVIで使用されるすべてのライブラリ、ツールキット、モジュール、ドライバをサポートする必要があります。

この記事はお役に立ちましたか?

いいえ