エラー 80004005: TestStandがロードされない

更新しました Aug 27, 2019

使用製品

Software

  • TestStand

問題

TestStandがクラッシュして再起動しようとした場合、あるいは新しいバージョンのTestStandをインストールして起動しようとすると以下のようなエラーが発生します。
 

Creating an instance of the COM component with CLSID {B2794EF6-C0B6-11D0-939-0020AF68E893} from the IClassFactory failed due to the following error: 80004005

解決策

このエラーはTestStandがStationGlobals.iniファイルをロードできない場合に発生します。この状況は主に下記の2点のような場合に発生します。
 

  • TestStand がクラッシュした後にこのエラーが発生するようになった場合は StationGlobals.ini ファイルが破損してしまい、TestStand を起動した際にロードできない可能性があります。


この問題を修正するには、StationGlobals.iniファイルの名前を変更するか、ファイルごと削除します。ファイルは下記の場所に保存されています。それにより、次回TestStandを閉じる時に新しくデフォルト状態のStationGlobals.iniが作成されます。

<Program Files>\National Instruments\TestStand x.x\Cfg


TestStandを再起動してもエラーが発生し続ける場合は、Windows タスクマネージャーのプロセスタブでTSAutoMgr.exeなどTestStand関連のプロセスが実行されていないかを確認します。TestStandを閉じた際にこれらのプロセスが存在する場合は、プロセスを終了して再度TestStanを起動します。

メモ: これにより、コンピューターに設定したStation Globalsが消去され、再作成する必要があります。 また、ファイルを削除する前にバックアップを保存することをお勧めします。
 

 

 

  • 新しいバージョンの TestStand をインストールしてからエラーが発生し始めた場合は、TestStand Version Selectorで正しいバージョンが選択されていない可能性があります。


修正するにはスタート>>すべてのプログラム>>National Instruments>>TestStand X.X>>TestStand Version Selectorを選択します。ここでTestStand X.XはインストールしたTestStandのバージョン番号となります。TestStand Version Selectorを起動したら、Installed TestStand versionsプルダウンメニューでTestStand X.Xが選択されていることを確認します。次にMake Activeボタンを押して、Current Active Versionの表示がX.Xであることを確認したらTestStand Sequence Editorを再起動します。

この記事はお役に立ちましたか?

いいえ