LabVIEWの実行ファイルを自動的に終了または閉じることができますか?

更新しました Nov 29, 2018

問題

LabVIEWでビルドした実行ファイルがあり、実行を終了する際に自動的に閉じたいです。これを行うにはどうすればよいですか?

解決策

関数パレットのプログラミング>>アプリケーション制御にあるLabVIEW終了関数を使用することができます。
 

追加情報

LabVIEW終了関数が開発環境で呼び出されると、LabVIEWは終了します。この関数をアプリケーションの実行ファイル版のみで実行させるには、関数パレットのプログラミング>>ストラクチャにあるから条件無効ストラクチャで囲む必要があります。
 


 

LabVIEW 2009以降

LabVIEW 2009以降では、アプリケーションが開発環境内で動作しているかどうかをアプリケーションが判断できるようにする新しい条件シンボルが追加されました。
  1. 条件無効ストラクチャを右クリックしてで後にサブダイアグラムを追加...を選択します。
  2. 条件を構成ウィンドウで、記号ドロップダウンメニューからRUN_TIME_ENGINEを選択します。
  3. 真ん中の比較演算子ドロップダウンメニューは、==のままにします。
  4. フィールドで「True」と入力します。
  5. OKボタンをクリックします。

LabVIEW終了関数を新しく作成したサブダイアグラムに配置して、デフォルトケースは空のままにします。
 


 

LabVIEW 8.6以前

LabVIEW 8.6では、カスタムの条件記号を定義する必要があります。
  1. 記号フィールドで、DEPLOYと入力します。
  2. 真ん中のフィールドは、==のままにします。
  3. フィールドで、Trueと入力します。
  4. OKボタンをクリックします。
  5. プロジェクト>>プロパティを選択します。VIはプロジェクトの一部でなければならないことに注意してください。
  6. カテゴリ列で条件無効記号を選択します。DEPLOY記号を定義して新しい記号を作成します。引き続きアプリケーションを開発している場合は、新しい値FALSEに設定します。アプリケーションをビルドする準備が整ったら、新しい値TRUEに設定します。

 

LabVIEW終了関数を新しく作成したサブダイアグラムに配置して、デフォルトケースは空のままにします。
 

実行ファイルをビルドする前に、デプロイされたアプリケーションでLabVIEW終了関数を有効にするために、DEPLOYシンボルをTrueに変更します。
 

この記事はお役に立ちましたか?

いいえ