VIが実行中であるかをプログラム的に確認する

更新しました Dec 1, 2018

使用製品

Software

  • LabVIEW Base
  • LabVIEW Full
  • LabVIEW Professional

問題

  • LabVIEWでVIが動作しているかどうかをプログラムで判断するにはどうすればよいですか?
  • VIの異なる実行状態は何ですか?

解決策

VIプロパティノードを使用して、VIのランタイムステータスを確認することができます。VIの実行ステータスを確認するには、以下の手順を行います。
  1. ダイアグラムにアプリケーション制御パレットからVIリファレンスを開く関数を配置します。
  2. VIリファレンスを開く関数のVIパス入力を右クリックし、作成>>制御器またはCreate»定数を選択します。
  3. アプリケーション制御パレットからプロパティノードを配置します。VIリファレンスを開く関数のリファレンス出力をプロパティノードのリファレンス入力に配線します。プロパティノードでプロパティを左クリックして、実行>>状態を選択します。
  4. プロパティノードの実行:状態出力を右クリックして、作成>>表示器を選択します。
  5. アプリケーション制御パレットからリファレンスを閉じる関数を配置します。
  6. 下記のスニペットのようにブロックダイアグラムを配線します。


実行:状態プロパティの値は次のとおりです。
  • Bad: VIにエラーがあり、実行ファイルまたはVIが実行できません。
  • Idle: VIは実行されていませんがメモリ内にあります。
  • Run top level: VIはアクティブ階層にあるトップレベルVIです。
  • Running: 複数のアクティブトップレベルVIによりVIの実行が予約されます。

追加情報

VIパスが有効なパスでない場合、VIはエラーを返します。

この記事はお役に立ちましたか?

いいえ